26卒の就活はやばい?いつからスケジュールを立てるべきか解説

26卒の就活が何故やばいと言われているのか、それは何かが変わったからなのか・・・早め早めに就活をしたいけど、何がやばいのか、何が変わったのかなど、具体的に知らないとなかなか身動き取れないですよね。

結論から言うと、26卒の就活でとくにやばい事はないです。それでは何故やばいと言われているのか、解説していきます。

26卒の早期内定など就活に役立つ情報もお伝えしていきますので、是非最後までお読みください。

完全無料サポート一覧
  • 26卒限定!登録するだけで1000円もらえる就活アプリ!

今の時期はバンバン大手企業からもオファーが届くしamazonギフトが1000円分もらえるインターンの情報共有SNS機能もあってSPI対策もできる逆求人型の就活サービス「Lognavi(ログナビ)」早い者順で良いオファーとエントリーがなくなってしまうので早めに登録しておいてください。

早期選考の優遇も!

  • 今から早期選考を狙うなら!

就活エージェンにES(エントリーシート)の添削や面接対策を行ってもらい早期選考を勝ち取れる!?今からの就活で即内定も間に合う完全無料就活サポートサービス「キャリアチケット

\ キャリアチケット /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、プロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

目次

26卒の就活がやばいと言われた理由│何か変わるのか

26卒がやばいと言われる理由は、2022年にある事が変わったからだと推察されます。

大きく変わった事と言えば、インターシップの制度です。

令和4年(2022年)6月に文部科学省・厚生労働省・経済産業省の合意による「インターンシップの推進に当たっての基本的考え方」(3省合意)を改正し、大学生等のキャリア形成支援に係る取組を類型化するとともに、一定の基準を満たしたインターンシップで企業が得た学生情報を、広報活動や採用選考活動に使用できるよう見直しました。

26卒の就活はやばい?いつからスケジュールを立てるべきか解説
出典:厚生労働省

その結果、これまで人気だった1dayインターン(ワンデー仕事体験)などを国は「インターンではない」と言っており、この1dayインターン(ワンデー仕事体験)をオープン・カンパニーと称し、オープン・カンパニーで得た学生の情報を採用活動に活用できない事になりました。

26卒はインターンの結果が採用に直結する

企業では今でも1dayや2day、3dayをインターンシップ募集の項目で募集していますが、これらは全てインターンシップとは言えず、オープン・カンパニー、もしくはキャリア教育です。

インターンシップとは5日以上の就業体験があるものをさします。

26卒のインターンは採用直結型インターンシップと言われ、インターンで企業で就業体験を行った結果が採用に直結する事を言います。

経団連はインターンに参加した学生の能力により、採用選考活動開始日よりも早く採用選考プロセスに移行できます。

つまり、企業側は通常よりも早くから有能な人材を確保できるというわけです。

これまでのインターンは違った?

インターンが採用活動に直結するというのは、前々からそうじゃなかったの?と思われるかもしれません。

実は、これまでもインターンが実質採用選考のように企業に扱われてきましたが、正式な採用選考活動開始日より前にインターンで採用選考をしてしまうと、採用選考活動開始日に関して学生たちの混乱が生じてしまうため、政府は企業に禁止要請を出していました。それでもこの禁止要請には法的な効力がないため、引き続きインターンでの採用選考を行う企業は後を絶ちませんでした。

しかし、2022年に改正が行われ、職業体験を含むインターンシップが正式に採用活動の際に活用して良いと政府が認めたというわけです。

汎用的能力・専門活用型インターンシップ高度専門型インターンシップ
就業体験を通じて、学生にとっては自らの能力の見極め、企業にとっては学生の評価材料の取得就業体験を通じて、学生にとっては実践力の向上、企業にとっては学生の評価材料の取得
企業単独、大学等が企業あるいは地域コンソーシアムと連携して実施する、適性・汎用的能力ないしは専門性を重視したプログラム・ジョブ型研究インターンシップ
(自然科学分野の博士課程学生を対象に文科省・経団連が共同で試行中)
・高度な専門性を重視した修士課程学生向けインターンシップ(仮称)
(産学協議会で検討中)
必須
・(a)就業体験要件
学生の参加期間の半分を超える日数を職場での就業体験に充てる(テレワークが常態化している場合は、テレワークも「職場」)
・(b)指導要件
就業体験では、職場の社員が学生を指導し、インターンシップ終了後、学生に対しフィードバックを行う
必須
・(c)実施期間要件
(ⅰ)汎用的能力活用型は短期(5日間以上)
(ⅱ)専門活用型は長期(2週間以上)
・ジョブ型研究インターンシップ:長期(2ヵ月以上)
・高度な専門性を重視した修士課程学生向けインターンシップ(仮称):検討中
・(d)実施時期要件
学業との両立の観点から、「学部3年・4年ないしは修士1年・2年の長期休暇期間(夏休み、冬休み、入試休み、春休み)」但し、大学正課および博士課程は、長期休暇に限定されない
採用活動開始以降に限り、可採用活動開始以降に限り、可
引用元:経団連

これらの事から、インターンを行った学生と行っていない学生で採用選考に差が出ているのは事実です。

そこで気になるのは、これからどのように就職活動を行っていくか・・・ですね。

26卒の就活はスケジュールはいつから立てるべきか

26卒の就活はやばい?いつからスケジュールを立てるべきか解説

26卒でまだ何もしてない時、どのように就活のスケジュールを立てていくかが問題になってきます。

26卒が就活をいつからすれば良いのかというと、それはすぐにです!早期選考を考えるのであれば、尚更すぐに開始しないと間に合いません!

それでは、何故すぐに始めないとダメなのか、紹介していきます。

大学3年生のうちにインターンに参加しないと就職できない企業がある

大学3年生のうちにインターンシップを受けないと就職できない企業がある・・・という事はありませんが、早期選考を受ける事はできなくなってしまう可能性があります。

せっかく就活をするんですから、早期選考で内定を取り、卒業まである程度余裕をもったり、卒業までの期間で他の企業も考えて、内定を取れるか試して、企業を選んでいきたいと思いますよね。

それではインターンが実質一次選考にも繋がる企業を紹介します。

大学3年でインターンに行かないと就職が厳しい企業①外資系メーカー

外資系メーカーは海外に本社を置きながらも日本に進出している企業のことで、化粧品や食品、家電や衣料品に至るまで多種多様な企業が日本に存在しています。

外資系メーカーも大学3年生の3月までには採用活動を終えている企業が多いので、早めの準備が欠かせません。また、インターンを0次選考として取り入れているケースもあるので、夏ごろに開催されるサマーインターンの選考にも必ず応募しましょう。インターンに参加しないと、そもそも面接を受けられない企業もあります。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

外資系メーカーの例

企業名URL
P&Ghttps://jp.pg.com/
ネスレhttps://www.nestle.co.jp/
ジョンソンエンドジョンソンhttps://www.jnj.co.jp/

大学3年でインターンに行かないと就職が厳しい企業②外資系IT

外資系ITは高度なITスキルを持つ優秀層を狙っており、「即戦力」が選考基準のキーポイントになります。

外資系ITは高度なスキルが要求されるため、インターンでも本格的な課題に取り組むプログラムが用意されています。そして実質インターンが一次選考としての位置づけになります。つまりインターンで良い成果を収めることができれば早期選考への案内がもらえる可能性もあります。

外資系ITの例

企業名URL
Googlehttps://careers.google.com/?hl=ja_jp
日本マイクロソフトhttps://news.microsoft.com/ja-jp/cp/outline/
アマゾンhttps://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5600252051

大学3年でインターンに行かないと就職が厳しい企業③総合商社

総合商社とは、食品や生活品、機械、金融等、多種多様な事業領域で商品取引を行う企業のことです。

大学3年生の夏・秋・冬とインターンをおこなっており、早期選考にエントリーするために参加は必須です。とはいえ総合商社のインターン選考は非常にハイレベルなので、準備不足で挑んでも突破は難しいです。大学3年生の6月頃までには自己分析やWeb適性検査対策を終えておくのがおすすめです。

総合商社の例

企業名URL
三菱商事https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/
伊藤忠商事https://www.itochu.co.jp/ja/
三井物産https://www.mitsui.com/jp/ja/

大学3年でインターンに行かないと就職が厳しい企業④日経金融

日経金融はメガバンクや証券会社、生命保険・損害保険に代表されます。経団連の就活スケジュールに合わせて6月から内定を出し始めます。

総合商社と同様にインターンで活躍を見せた学生には早期選考を案内して、内々定を出すケースがあります。冬のインターンが終了すると、早期選考が本格化します。大学3年生の1月頃までに、面接対策は進めておきたいところなので、しっかり準備しましょう。

日経金融の例

企業名URL
三菱UFJ銀行https://www.bk.mufg.jp/index.html
三井住友カードhttps://www.smbc-card.com/index.jsp
日本生命https://www.nissay.co.jp/

大学3年でインターンに行かないと就職が厳しい企業⑤その他

続いての「その他」はテレビ業界とベンチャー企業です。テレビ業界やベンチャー企業は必ずしもインターンを行わないと厳しいというわけではないのですが、インターンで高い評価を得た学生だけが、次の上級者インターンに参加できるという選考フローを導入している企業もあります。

テレビ業界の例

企業名URL
フジテレビジョンhttps://www.fujitv.co.jp/
日本テレビホールディングスhttps://www.ntvhd.co.jp/
TBSホールディングスhttps://www.tbsholdings.co.jp/

ベンチャー企業の例

企業名URL
リクルートhttps://www.recruit.co.jp/
楽天グループhttps://corp.rakuten.co.jp/
サイバーエージェントhttps://www.cyberagent.co.jp/

これらの企業は大学3年生でインターンを受けないと早期内定は厳しいです。ここでご紹介した企業以外にもそういった早期選考企業はあるので、就活エージェントや逆求人サイトを使用して効率的にインターンを受けるようにしましょう

約半数以上の大学3年生が9月には就活を始めている

24卒の大学生は、3年生の9月には56.9%が就活を始めていました。

そして3年の2月には31.4%大学4年の5月には70.4%の人が最初の内定をもらっています

殆どの人が大学3年の夏に就活を始めています。これは大学3年のインターンが早期内定に繋がっているからと言っても過言ではありません。

大学3年生のうちに多くのライバルが就活を始めるので、大学3年生は少しでも早く就活を始める事をおすすめします。

就職先が確定しないまま卒業・・・という事にならないように早め早めに動いていきましょう。

26卒の就活におすすめしたい4つのこと

それではここからは、26卒が早期内定のために就活におすすめしたい事を紹介していきます。

就活で何とか勝ち取りたいのは早期内定だと思います。内定までスムーズな企業を探す方法を参考にしていただけたらと思います。

※もちろんすべて無料で利用可能です。

【26卒】就活ですぐに行うこと
  • 就活エージョントに紹介してもらう
  • 逆求人サイトからオファーをもらう
  • 合同選考イベントに参加する
  • 周りから情報を集める

26卒の就活は就活エージョントに紹介してもらう

就活エージェントは面談後、自分に合った企業を紹介してくれるサービスです。

登録すれば内定までしっかりサポートしてくれるから心強い味方になってくれます。

しっかりサポートしてくれると言っても、しつこく連絡をしてきたりとか、そういう事はないので安心してください。

同じ目的で動いてくれるので、すぐに新卒採用企業を紹介してくれるので安心できます。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模量より質を重視参加1000社参加1200社参加1000社
就活エリア関東全国(関東中心)全国関東
ウェブ面談OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

量より質の就活サポートをしてくれる事に定評があり、2023年度は最短で一週間で内定を獲得する程のマッチング力を保っています。

最短2週間のスピード内定で、定着率も92%という高さを誇っています。ZOOMや通話で全国どこからでも相談できるのも嬉しいところです。

ベンチャーや成長企業に強いのが特徴で、WEB面接完全攻略、WEB面接の服装や場所などについてのノウハウが書かれた虎の巻のような裏技本がダウンロードコンテンツとして用意されているのが嬉しいです。

就活のノウハウ・業界研究・職種研究などのような就活TIPSや企業参加型のマッチングイベントを開催しているのも特徴で、通常の就活エージェントのような動き以外のところでも企業との機会を提供してくれます。

「どこを選べば良いのかわからない・・・」という時は内定のスピード感も早い「キャリアチケット」をおすすめします。

新卒枠がまだ間に合うのか、今からエントリーできるのかと不安になるかもしれませんが、内定辞退枠があるので狙っていきましょう。

就活エージェントの口コミなど詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒まだ間に合う!新卒採用を探すなら就活エージェント

26卒は就活しながら企業からのオファーがある逆求人サイトの活用もおすすめ

まだ新卒採用のエントリーを募集している企業を探す場合、逆求人サイトに登録する事も必須です。

一度登録を行ってしまえば、大手からもオファーが届くので就活には必須です。

プロフィールを入力するだけでオファーが届くので、メリットしかありませんし、自分が考えてもみなかった企業からのオファーが届く事もあるので、就活や、自分の可能性を高めるのにも役立つので、必ず登録しておきましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

学生満足度3年連続No.1という驚異的な数字を保ち、プロフィール記入率が80%を超えれば99%の確率でオファーが届く優れものです。大手であるベネッセ独自の適性検査もあるのが嬉しいです。

15万人の学生が利用しているサービスで、各企業のセミナー動画を観たり、SPI対策である適性検査も行えます。そして就活生の独自SNS機能もあるので、インターン情報などを交換する事ができるのも嬉しいところです。

キミスカのスカウトはゴールド/シルバー/ノーマルの3種類に分かれており、ゴールドスカウトはなんと全体の4%しかない希少なスカウトをもらう事ができます。SPI対策はかなり評判が良いので、SPI対策を頑張りたい学生に向いています。

適性診断【AnalyzeU+】は累計100万人の診断結果に基づいた分析ができるので、分析結果に基づいた就活を行うのも可能です。プロフィールを80%入力すれば93.6%のオファー受信率の高さも特徴の一つです。

どこの逆求人型の就活サービスを利用したら良いか分からない・・・という時は

がおすすめです。色々な企業からオファーをもらえると思うので、自分の強みを活かせる企業の内定を掴みましょう!

逆求人型の就活サービスの口コミなど、詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒まだ新卒採用のエントリー募集中の企業からオファーがある逆求人サイトの活用

26卒の就活は合同選考イベントに参加するのもおすすめ

年に何回も行われている合同選考イベントに参加すれば、まだ新卒のエントリー募集をしている企業と同時にたくさん出会う事ができます。

また、採用に直結するイベントなので、その場で良い出会いが出来る可能性も高く人気です。

この合同選考イベントはチアキャリアが主催しています。

チアキャリアが主催している合同選考イベントは、リアルに集まるイベントもあればオンラインで行われる事もあるので、情報をチェックしておいて損はありません

もちろんベンチャー企業が多く参加しています。

\ チアキャリアだからできる /

先輩や友人に紹介してもらう

就活で多いのが先輩や友人などの繋がりで紹介してもらう事です。

大学のサークルや学部で知り合った仲や、バイト先などあらゆるところからの繋がりでインターンや企業を紹介してもらえる事があります。

こういったいわゆる“横のつながり”というような身近な人からの紹介だと、ベンチャー企業の紹介が多いイメージです。中には大手を紹介してくれる人もいるかもしれませんが、先輩や友人からの紹介はベンチャーが多い可能性があると思っておきましょう。

学校の教授に聞いてみるのもありです。学校の先生を通じて申し込むインターンでは単位認定されるものもあり、数は少ないものの、選考が免除されるなど参加につながりやすい傾向があります。

26卒の就活がやばくないもう一つの理由

就活のスピード感には人それぞれあるので、ライバルと自分を比べて焦ってしまうかもしれませんが、焦ってしまうと大切な事を見落としてしまうのが人間なので、今出来る事から行っていきましょう。

焦る必要はないというのも、厚生労働省と文部科学省が発表している「新規大学卒業者の内定率」を見ていただければその理由がわかると思います。

26卒の就活はやばい?いつからスケジュールを立てるべきか解説
出典:厚生労働省

今春の新規大卒者の就職環境は、厳しい状況(12月1日現在)。

・ 就職内定率は71.9%。前年同期差は3.1ポイント増。
・ 就職内定者数は29万9千人 前年同期比7.4%増
※ 文部科学省「学校基本調査」から推計した卒業予定者数に本調査結果(就職希望率、就職内定率)
を乗じて推計した数値

引用元:厚生労働省

上記の通りの結果になっており、10月時点の内定率はここ数年下がってきており57.6%や59.9%です。

12月時点の内定率68.8%や71.9%となっていて、まだまだ少ないですし、2月時点でも23年は77.4%という少なさです。2021年卒から2024年卒までの内定率を表にすると以下の通りです。

月日21年卒内定率22年卒内定率23年卒内定率24年卒内定率
10月69.9%62.5%57.6%59.9%
12月80.5%73.1%68.8%71.9%
2月86.3%80.0%77.4%
4月95.7%91.8%91.0%

内定率を見る限り、まだまだ焦る必要がない数値になっています。

企業側も採用活動を終えていない

上記は10月時点での数値です。これは中小企業だけではなく、大手企業でも新卒の充足率が悪く、遅れが出ています。

2021年卒も2022年卒も2023年卒も10月の段階では、企業側が内定者の予定をしていた数字に半数以上が届いておらず、採用を継続しているという結果になっております。

2023年卒でこの数字なので、2024年卒、2025年卒でいきなり内定予定者の数が改善されるとは思えません

それでは、業種別の採用選考終了状況を見てみましょう。

このように、どの従業員規模でも、どの業種でも採用選考は終了していません

企業が採用選考を終了できない理由に関しては、こちらを参考にしてください。

⇒企業が採用選考を終了できない理由

志望する業種で内定を取れるように、是非今できる事として、就活エージェントや逆求人サイトを活用してみてください。

26卒の就活のための内定を取る面接対策

就活をして内定を得るためには、やはり面接が重要になってきますので、面接対策をしっかり行いましょう。面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

26卒の就活はやばい?いつからスケジュールを立てるべきか解説

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

【26卒の就活】やばい?何か変わる?まとめ

26卒の就活については参考になりましたでしょうか。インターンの事が変わったくらいなので、やばいとかそういう事はとくにないです。

26卒の就活はやばいですか?

とくにやばいというような事はありませんので、就職活動を順次行っていきましょう。

26卒の就活で何か変わるんですか?

インターンの扱いが25卒から変わったので、その名残でまだ不慣れなところが出てくると思います。これまでグレーだったインターンからの採用活動を政府が正式に認めた形になりましたので、就業体験があるインターンを行えば、内容次第では内定に直結すると考えて差し付けないでしょう。

26卒でまだ何も就活をしていないのはやばいですか?

やばくはないです。今からでも就活は遅くないので、就活エージェントや逆求人サイトを活用して効率的に就職活動を行っていきましょう。

26卒でまだ何も就活してないのにやばくない根拠はありますか?

あります。例年内定辞退などを理由に企業側も採用活動をなかなか終える事ができない状況が続いているので、むしろこれからの就職活動の方が企業側も前のめりに採用活動を行ってくれるかもしれません。

卒業ぎりぎりまで進路確定しない人も例年いますし、企業側も採用活動をなかなか終える事ができないので、まだまだ就職活動はこれからですが、早期内定を目指すのであればすぐに就活を行っていきましょう。

就活エージェントや逆求人サイトをうまく活用して自分に合った企業の内定を獲得してくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次