内定ない【24卒25卒】必見!新卒で内定出ない焦りと内定もらえない末路

この記事では24卒、25卒必見の、新卒で内定ない人にこそ教えたい就活の方法を紹介します。

まだまだ焦る必要はありません、内定もらいない末路なんて考える必要すらないのです。

24卒でも新卒なの?と思われるかもしれませんが、実は国が定めた新卒のルールというものがあります。

3年以内の既卒者は新卒枠で応募可能

「青少年雇用機会確保指針」が改正され、雇用対策法第7条および第9条に基づき、厚生労働大臣が定めた「青少年の雇用機会の確保等に関して事業主が適切に対処するための指針」に、新卒採用に当たって、少なくとも卒業後3年間は応募できるようにすることなどが追加されました。参考:厚生労働省

24卒も25卒も、今からエントリーできる、まだエントリーできる企業の探し方を是非参考にしてください。

完全無料サポート一覧
  • 今から内定を狙うなら!最短一週間で内定が取れる!?

就活エージェンにES(エントリーシート)の添削や面接対策を行ってもらい最短一週間で内定を獲得した人も!今からの就活で即内定も間に合う完全無料就活サポートサービス「キャリアチケット

\ キャリアチケット /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、プロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

目次

新卒で内定ない24卒25卒の就活方法│内定出ない焦りとサヨナラ

まだ新卒採用のエントリー募集を行ってる企業はどうやって探せば良いのか、片っ端から企業のホームページを見てあたるべきなのか、もっと効率的に探す方法はないのか、確度の高い企業の探し方を紹介していきたいと思います。

※もちろんすべて無料で利用可能です。

エントリー募集してる企業を見つける効率的な方法
  • 就活エージョントに紹介してもらう
  • 逆求人サイトからオファーをもらう
  • 合同選考イベントに参加する
  • 周りから情報を集める

まだエントリー募集している企業は就活エージョントに紹介してもらう

就活エージェントは面談後、自分に合った企業を紹介してくれるサービスです。

登録すれば内定までしっかりサポートしてくれるから心強い味方になってくれます。

しっかりサポートしてくれると言っても、しつこく連絡をしてきたりとか、そういう事はないので安心してください。

同じ目的で動いてくれるので、すぐに新卒採用企業を紹介してくれるので安心できます。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模量より質を重視参加1000社参加1200社参加1000社
就活エリア関東全国(関東中心)全国関東
ウェブ面談OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

量より質の就活サポートをしてくれる事に定評があり、2023年度は最短で一週間で内定を獲得する程のマッチング力を保っています。

最短2週間のスピード内定で、定着率も92%という高さを誇っています。ZOOMや通話で全国どこからでも相談できるのも嬉しいところです。

ベンチャーや成長企業に強いのが特徴で、WEB面接完全攻略、WEB面接の服装や場所などについてのノウハウが書かれた虎の巻のような裏技本がダウンロードコンテンツとして用意されているのが嬉しいです。

就活のノウハウ・業界研究・職種研究などのような就活TIPSや企業参加型のマッチングイベントを開催しているのも特徴で、通常の就活エージェントのような動き以外のところでも企業との機会を提供してくれます。

「どこを選べば良いのかわからない・・・」という時は内定のスピード感も早い「キャリアチケット」をおすすめします。

新卒枠がまだ間に合うのか、今からエントリーできるのかと不安になるかもしれませんが、内定辞退枠があるので狙っていきましょう。

就活エージェントの口コミなど詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒まだ間に合う!新卒採用を探すなら就活エージェント

新卒で内定ない24卒25卒必見!企業からオファーがある逆求人サイトの活用

まだ新卒採用のエントリーを募集している企業を探す場合、逆求人サイトに登録する事もかなりおすすめです。

一度登録を行ってしまえば、大手からもオファーが届くので就活には必須です。

プロフィールを入力するだけでオファーが届くので、メリットしかありませんし、自分が考えてもみなかった企業からのオファーが届く事もあるので、就活や、自分の可能性を高めるのにも役立つので、必ず登録しておきましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

学生満足度3年連続No.1という驚異的な数字を保ち、プロフィール記入率が80%を超えれば99%の確率でオファーが届く優れものです。大手であるベネッセ独自の適性検査もあるのが嬉しいです。

15万人の学生が利用しているサービスで、各企業のセミナー動画を観たり、SPI対策である適性検査も行えます。そして就活生の独自SNS機能もあるので、インターン情報などを交換する事ができるのも嬉しいところです。

キミスカのスカウトはゴールド/シルバー/ノーマルの3種類に分かれており、ゴールドスカウトはなんと全体の4%しかない希少なスカウトをもらう事ができます。SPI対策はかなり評判が良いので、SPI対策を頑張りたい学生に向いています。

適性診断【AnalyzeU+】は累計100万人の診断結果に基づいた分析ができるので、分析結果に基づいた就活を行うのも可能です。プロフィールを80%入力すれば93.6%のオファー受信率の高さも特徴の一つです。

どこの逆求人型の就活サービスを利用したら良いか分からない・・・という時は

がおすすめです。色々な企業からオファーをもらえると思うので、自分の強みを活かせる企業の内定を掴みましょう!

逆求人型の就活サービスの口コミなど、詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒まだ新卒採用のエントリー募集中の企業からオファーがある逆求人サイトの活用

更に、最終面接まで進んだのに落ちてしまった・・・という人必見の逆求人型の就活サービスが、選考フローをカットして内定に近い状態でオファーが届くABABAです。

内定ない【24卒25卒】必見!新卒で内定出ない焦りと内定もらえない末路

「ABABA」は面倒な選考フローを飛ばして、かなり確度の高い状態で企業からオファーが届く逆求人型の就活サービスなので、就活に失敗したと感じていても、大逆転を狙えるサービスなのです。しかも完全無料で利用できるので、安心して利用できます。

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

新卒で内定ない24卒25卒必見!合同選考イベントに参加するのもおすすめ

年に何回も行われている合同選考イベントに参加すれば、まだ新卒のエントリー募集をしている企業と同時にたくさん出会う事ができます。

また、採用に直結するイベントなので、その場で良い出会いが出来る可能性も高く人気です。

この合同選考イベントはチアキャリアが主催しています。

チアキャリアが主催している合同選考イベントは、リアルに集まるイベントもあればオンラインで行われる事もあるので、情報をチェックしておいて損はありません

もちろんベンチャー企業が多く参加しています。

\ チアキャリアだからできる /

内定をもらえない末路

内定をもらえないともうダメだ・・・自分は必要とされていないんだ・・・とマイナスに考えてしまうかもしれませんが、そんな事はありません

昨今の内定辞退の影響で企業は採用活動を終えられない状況が続いていますし、年々企業は「質より量」を選んで採用する傾向になってきています。

採用活動を終えていない企業のデータ

上記は10月時点での数値です。これは中小企業だけではなく、大手企業でも新卒の充足率が悪く、遅れが出ています。

2021年卒も2022年卒も2023年卒も10月の段階では、企業側が内定者の予定をしていた数字に半数以上が届いておらず、採用を継続しているという結果になっております。

2023年卒でこの数字なので、2024年卒、2025年卒でいきなり内定予定者の数が改善されるとは思えません

それでは、業種別の採用選考終了状況を見てみましょう。

このように、どの従業員規模でも、どの業種でも採用選考は終了していません

企業が採用選考を終了できない理由

企業が採用選考を終了できない理由の一つに、内定辞退者の多さが目立ちます。

このように内定辞退が「増えた」が、「減った」の2倍以上になる結果が出ています。

だからこそ、内定がなかなか取れなくても悲観せずにチャレンジする事が大切です。就活エージェントや逆オファーサイトを利用して探せば、効率的に内定がもらえるようにサポートしてくれるはずです。

内定ない新卒就活生の特徴【24卒25卒】

ここでは内定がなかなかもらえない新卒就活生の特徴を紹介していきます。

この特徴を見極めて無い内定(NNT)から切り抜けましょう。

内定ない新卒就活生の特徴①自己分析が足りていない

内定がもらえない就活生でまず挙げられるのは、自己分析が不足していることです。

自己分析が足りていないと、適切な職種や企業を見極めることが難しくなり、内定を得ることが難しくなるからです。

たとえば、自己分析が不足している就活生は、自分の強みや弱みを把握できていない場合があり、自分に合わない職場や業界に応募してしまう可能性が高まります。また、自己分析が不足していると、志望動機や将来のビジョンを明確にすることが難しくなり、面接で十分なアピールができなくなるでしょう。

自己分析をしっかり行うには「dodaキャンパス」のベネッセ独自の適性検査がおすすめです。⇒dodaキャンパス

自分の長所や短所、興味や関心事を整理し、それらを踏まえて適切な職場や業界を選択することがとても大切です。

内定ない新卒就活生の特徴業界・企業を把握していない

就活するために志望する業界や企業を把握していない、理解が足りないのも内定がない就活生の特徴です。

業界や企業の情報や特徴などを詳しく把握していないと、志望動機や適性に合った企業を見つけることが難しくなるからです。適性検査は⇒dodaキャンパス

たとえば、業界や企業をよく把握していないと、自分の適性に合わない企業に応募してしまい、内定がもらえずに貴重な時間、機会を無駄にしてしまう事も考えられます。

業界や企業を知る方法

企業研究が不十分な場合、面接でのアピールポイントが不足して、内定を得ることが難しくなります。業界や企業を把握するためには、インターネットや書籍などの情報源を活用し、業界の特性や企業の特徴、業績、社風などを調査することが重要なので、企業の公式ウェブサイトやSNSをチェックして、SDGsの活動など最新の情報を入手しましょう。

さらに、OB・OG訪問を活用すれば、実際に業界で働くリアルな社員の一次情報を得ることも実現できます。

これらの情報をもとに、自分に合った企業を選び適切な志望動機やアピールポイントを準備しましょう。

内定ない新卒就活生の特徴倍率の高い企業・職種ばかり受けている

倍率の高い企業や職種ばかり受けていると、なかなか内定がもらえないというのは良くある事です。

たとえば、よく広告で見る有名企業や外資系企業などは倍率が高い傾向にあります。また、人気のある職種としては、ITコンサルタント、WEBマーケター、企画職なども挙げられます。

このような企業や職種に集中して応募すると、内定を獲得する難易度が高くなりますので、他の就職先の選択肢を増やすことが重要です。

自分の希望条件やスキルに合った中小企業や新興企業、地域密着型の企業などにも積極的に応募することで、内定を得る可能性が高まります。自分に合った職種や業界を見極めるためにも、情報収集や企業研究を行いましょう。適性検査は⇒dodaキャンパス

内定ない新卒就活生の特徴選考対策が足りていない

ES(エントリーシート)やSPIなど、選考対策が足りていないことも内定をもらえない大きな理由の一つです。

企業の選考は面接やグループディスカッション、筆記試験などの複数のステップで行われるため、各選考過程で求められるスキルや資質に合わせた対策を行うことが重要です。SPI対策なら⇒「キミスカ

そのため、選考対策が不足している場合、自己PRがうまくできず、志望動機や自己紹介が不十分な状態で面接に臨むことになります。ES(エントリーシート)の添削なら⇒「キャリアチケット

また、“内定ない新卒就活生の特徴②”とも重なりますが、企業研究や業界知識が不足していると、適切な回答ができずに面接官に十分なアピールができません。選考対策を行う際には、企業の特性や業界動向を把握して、自己PRや志望動機をしっかりと整理し、具体的な事例や経験を交えて説明できるように準備をすることが重要です。

内定ない新卒就活生の特徴不採用理由が不明なまま就活している

これはかなり重要な事なのですが、不採用理由が不明なまま就活していると、また同じように不採用になってしまう可能性が高いです。

企業は不採用となった応募者に対して、不採用理由を開示しない傾向にあるため、この問題を抱えている就活生は多いです。

企業側には、不採用理由を開示する義務はないため、採用担当者の工数を増やし、企業のイメージ悪化につながることをしたくないからです。

不採用理由が不明なまま就活を続けると、同じミスを繰り返す可能性がありますので、信用できる第三者から客観的なフィードバックを受けることも大切です。

就活エージェントに相談すると、キャリアアドバイザーが客観的なアドバイスをしてくれるとともに、企業への推薦、選考結果のフィードバックをしてもらえることがあります。信頼できる就活エージェントなら⇒「キャリアチケット

不採用理由を明確にしたうえで、過去の選考での反省点や改善点を把握し、次回の選考に生かすことが不採用を減らすための第一歩となるので、不採用理由はなるべく明確になるようにしましょう。

どうしても分からない時は、気兼ねなく就活エージェントに相談できるように、就活エージェントに登録しておく事をおすすめします。信頼できる就活エージェントなら「キャリアチケット」がおすすめです。

内定ない新卒【24卒25卒】が行うべき面接練習

就活をして内定を得るためには、やはり面接が重要になってきますので、面接対策をしっかり行いましょう。面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

内定ない【24卒25卒】必見!新卒で内定出ない焦りと内定もらえない末路

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

内定ない新卒【24卒25卒】必見!内定出ない焦りと内定もらえない末路まとめ

今回の記事で、現状内定がなくても焦る必要がない理由と、就活の方法は参考になりましたでしょうか。

企業側も採用活動をなかなか終えられない昨今、諦めずにしっかり就活していれば内定が取れる可能性はグッと上がります。

内定がなくても焦らなくて大丈夫ですか?

焦らなくても大丈夫です。新卒期間は既卒で3年間は新卒扱いになります。焦らずに自分が望む業界・企業で内定がもらえるように就活を行っていきましょう。

どのように企業を探せば良いですか?

やはり就活エージェントや逆求人型の就活サービスを利用して探すのが効率的だと思います。とくに自分が進みたい業種などが曖昧な場合は、逆求人型の就活サービスが有効だと思います。

焦らずに、就活エージェントや逆求人型の就活サービスを利用して効率的に就活を行いましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次