【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

この記事では26卒の冬インターンで内定直結する大手企業一覧や、冬インターンを募集している企業の探し方などを解説していきます。

インターンというのは大学生にとってとても大切な事の一つで、インターンを行うことはメリットが非常に多く、志望している企業でインターンを行える事になれば、そのまま採用まで進める事もあります。

また、予めインターンで企業で働いてみると、実際に体験してみないと分からなかった事が知れるので、志望を変える切っ掛けにもなりますし、色々と学べる事が多いです。

これまでインターンと言えば、ワンデー仕事体験など短期的なものもありましたし、今現在の就活支援サイトなどでもそう語られていますが、内閣府はワンデー仕事体験はインターンシップとは認めておりません

これまでのワンデー仕事体験や、1dayインターンはインターンではなく、オープン・カンパニーとなりました。

オープン・カンパニーとは

オープン・カンパニーは主に企業・就職情報会社や大学キャリアセンターが主催するイベント・説明会で、就業体験はありません。
このオープン・カンパニーで取得した学生情報の採用活動への活用は不可能となっています。

また、キャリア教育というタイプもありますが、これは主に企業がCSRとして実施するプログラムや、大学が手動する授業・産学協働プログラム(正課・正課外を問わない)を想定しています。就業体験は任意で行われますが、取得した学生情報の採用活動への活用は不可能となっています。

つまり、令和4年(2022年)6月の改正で「オープン・カンパニー」と「キャリア教育」は直接的に就職へは結び付かなくなりました。

インターンシップと呼べるのは汎用能力活用型は5日間以上専門活用型は2週間以上なので注意しましょう。

それではインターンで内定直結する企業一覧から紹介していきます。

完全無料サポート一覧
  • 26卒限定!登録するだけで1000円もらえる就活アプリ!

今の時期はバンバン大手企業からもオファーが届くしamazonギフトが1000円分もらえるインターンの情報共有SNS機能もあってSPI対策もできる逆求人型の就活サービス「Lognavi(ログナビ)」早い者順で良いオファーとエントリーがなくなってしまうので早めに登録しておいてください。

大手インターンのオファーが届く

  • 冬インターンで早期選考優遇も狙うなら!?

就活エージェンにES(エントリーシート)の添削や面接対策を行ってもらいインターンに落ちる事なく無双もできる!?今からのインターンで早期選考を狙える完全無料就活サポートサービス「キャリアチケット

\ キャリアチケット /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、プロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

目次

【26卒】冬インターンで内定直結する企業一覧

大学3年生のうちにインターンシップを受けないと就職できない企業がある・・・という事はありませんが、早期選考を受ける事はできなくなってしまう可能性があります。

せっかく就活をするんですから、早期選考で内定を取り、卒業まである程度余裕をもったり、卒業までの期間で他の企業も考えて、内定を取れるか試して、企業を選んでいきたいと思いますよね。

それではインターンが実質一次選考にも繋がる企業を紹介します。

冬インターンで内定直結企業①外資系メーカー

外資系メーカーは海外に本社を置きながらも日本に進出している企業のことで、化粧品や食品、家電や衣料品に至るまで多種多様な企業が日本に存在しています。

外資系メーカーも大学3年生の3月までには採用活動を終えている企業が多いので、早めの準備が欠かせません。また、インターンを0次選考として取り入れているケースもあるので、夏ごろに開催されるサマーインターンの選考にも必ず応募しましょう。インターンに参加しないと、そもそも面接を受けられない企業もあります。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

外資系メーカーの例

企業名URL
P&Ghttps://jp.pg.com/
ネスレhttps://www.nestle.co.jp/
ジョンソンエンドジョンソンhttps://www.jnj.co.jp/

冬インターンで内定直結企業②外資系IT

外資系ITは高度なITスキルを持つ優秀層を狙っており、「即戦力」が選考基準のキーポイントになります。

外資系ITは高度なスキルが要求されるため、インターンでも本格的な課題に取り組むプログラムが用意されています。そして実質インターンが一次選考としての位置づけになります。つまりインターンで良い成果を収めることができれば早期選考への案内がもらえる可能性もあります。

外資系ITの例

企業名URL
Googlehttps://careers.google.com/?hl=ja_jp
日本マイクロソフトhttps://news.microsoft.com/ja-jp/cp/outline/
アマゾンhttps://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5600252051

冬インターンで内定直結企業③総合商社

総合商社とは、食品や生活品、機械、金融等、多種多様な事業領域で商品取引を行う企業のことです。

大学3年生の夏・秋・冬とインターンをおこなっており、早期選考にエントリーするために参加は必須です。とはいえ総合商社のインターン選考は非常にハイレベルなので、準備不足で挑んでも突破は難しいです。大学3年生の6月頃までには自己分析やWeb適性検査対策を終えておくのがおすすめです。

総合商社の例

企業名URL
三菱商事https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/
伊藤忠商事https://www.itochu.co.jp/ja/
三井物産https://www.mitsui.com/jp/ja/

冬インターンで内定直結企業④日経金融

日経金融はメガバンクや証券会社、生命保険・損害保険に代表されます。経団連の就活スケジュールに合わせて6月から内定を出し始めます。

総合商社と同様にインターンで活躍を見せた学生には早期選考を案内して、内々定を出すケースがあります。冬のインターンが終了すると、早期選考が本格化します。大学3年生の1月頃までに、面接対策は進めておきたいところなので、しっかり準備しましょう。

日経金融の例

企業名URL
三菱UFJ銀行https://www.bk.mufg.jp/index.html
三井住友カードhttps://www.smbc-card.com/index.jsp
日本生命https://www.nissay.co.jp/

冬インターンで内定直結企業⑤その他

続いての「その他」はテレビ業界とベンチャー企業です。テレビ業界やベンチャー企業は必ずしもインターンを行わないと厳しいというわけではないのですが、インターンで高い評価を得た学生だけが、次の上級者インターンに参加できるという選考フローを導入している企業もあります。

テレビ業界の例

企業名URL
フジテレビジョンhttps://www.fujitv.co.jp/
日本テレビホールディングスhttps://www.ntvhd.co.jp/
TBSホールディングスhttps://www.tbsholdings.co.jp/

ベンチャー企業の例

企業名URL
リクルートhttps://www.recruit.co.jp/
楽天グループhttps://corp.rakuten.co.jp/
サイバーエージェントhttps://www.cyberagent.co.jp/

これらの企業は大学3年生でインターンを受けないと早期内定は厳しいです。ここでご紹介した企業以外にもそういった早期選考企業はあるので、就活エージェントや逆求人サイトを使用して効率的にインターンを受けるようにしましょう

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

【26卒】冬インターンの探し方

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

大学3年でインターンに出遅れてしまうと、早期選考で内定がもらえない可能性が出てくるので焦ってしまう事があると思います。

しかし、焦ってしまうと非効率に闇雲にインターンを探した結果、結局見つからなかったり、望んではいない企業のインターンに参加してしまう事もあります。

インターン等の参加時期

インターンやオープン・カンパニー、キャリア教育など、これまでひところで「インターシップ」として括られていたものの参加時期のデータを紹介します。

このデータを見ると、8月や9月のサマーインターンへの参加が目立ちます。大学3年生はインターンは必ずと言って良い程受けた方が良いです。

早めに就業体験を行っていた方が、職場の雰囲気などを掴むためにもおすすめです。大学3年生のインターンで早期内定を狙っている場合は、必ずインターンに参加して経験を積む事をおすすめします。

大学3年生でインターンに参加しないと、そのまま早期選考を受ける事が不可能になってしまう企業もあるので、大学3年生のインターンはかなり重要です。

そういった失敗をしてしまうのが人間なので、焦らずにインターンの探し方のコツを知るようにしましょう。

※もちろんすべて無料で利用可能です。

冬インターンの内定企業の探し方①逆求人サイトでオファーをもらう

大学3年でインターンを探す場合、まず最初に行う事は逆求人サイトに登録する事です。

一度登録を行ってしまえば、大手からもインターンのオファーが届くので就活には必須です。

プロフィールを入力するだけでオファーが届くので、メリットしかありませんし、自分が考えてもみなかった企業からのオファーが届く事もあるので、就活や、自分の可能性を高めるのにも役立ちます。

登録して損がない逆求人サイトはdodaキャンパスがおすすめです。

ベネッセが運営するdodaキャンパスはオファー多数

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

「dodaキャンパス」はしまじろうなどで知られる株式会社ベネッセホールディングスとパーソルキャリア株式会社が共同で設立した株式会社ベネッセi-キャリアが運営する逆求人型就活サービスです。

プロフィールを80%以上記入した場合、オファー受信率が99%という高さを誇っています。そしてベネッセが独自に行う適性検査も受けられるのでかなりメリットが高い逆求人型の就活サービスです。

累計契約企業数も8,500社以上で、大手からベンチャーまで多くの企業が登録しているのも特徴です。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

これだけの企業と契約しているから、利用者の満足度も非常に高く、3年連続で学生満足度No.1です。

「dodaキャンパス」は下記項目で総合No.1
  1. 登録のしやすさ
  2. オファーの納得感
  3. サイト・アプリの使いやすさ
  4. 就活支援コンテンツ

「dodaキャンパス」は大手優良企業の契約も多いからこそ、大手からのオファーも届きやすいので、「意味ない」と思わずに登録し、活用する事をおすすめします。

「dodaキャンパス」は2017年11月30日にサービスをスタートさせ、今でも続いている人気の逆求人型就活サービスなので安心感があります。

登録も簡単なので是非一度チェックしてみてください。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

dodaキャンパスの口コミ

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

大手からのオファーも多数で適正テストもできる「Lognavi(ログナビ)」

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

「Lognavi(ログナビ)」のアプリを入れておけば色々な業界・企業のWEBセミナーなどの動画を視聴する事ができて、そのうえ企業側からオファーまでもらえる逆求人アプリです。

コロナ禍を過ぎた今だから、スマホ一つで可能な就活・インターン探しと言えるのが「Lognavi(ログナビ)」です。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

また、精度の高い適正テストが受けられるのも嬉しいところです。

  • 伊藤忠商事
  • フジテレビ
  • MBS
  • 日清
  • 伊藤ハム
  • 丸太食品
  • ホンダ
  • 日産
  • アイリスオーヤマ

など人気企業からのオファーもくるので、出遅れないよう今のうちに「Lognavi(ログナビ)」のアプリをダウンロードしておきましょう。「Lognavi(ログナビ)」は無料で使用できるので安心です。

※「Lognavi(ログナビ)」はスマホアプリなので、スマホでのみダウンロード可能です。

\ 適性テストも受けれる

「Lognavi(ログナビ)」の口コミ・評判はこちら

「Lognavi(ログナビ)」はかなりおすすめ出来るアプリなので、是非チェックしてみてください。

\ 適性テストも受けれる

ベンチャーのインターンならチアキャリアの併用がおすすめ

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

大手の大企業も良いけど、ベンチャー企業で企業と共に成長して早く成り上がりたい!そんな野望をお持ちの方にはベンチャーに強いチアキャリアを併用するのもおすすめです。

ベンチャーは役員と社員の距離も近く、事業で成功を収めれば一気に役職が上がる事もあり、一定の人気を誇っています。企業を、仕事を作り上げる楽しみも感じられるかもしれません。

また、チアキャリアの強みは他社にはない就活ノウハウが豊富に書かれた無料ダウンロードコンテンツです。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

こういった情報は常に最新のモノを得なくては意味がありません。ネットや書籍など、どれが最新のものか探すのも大変ですよね。

チアキャリアに登録すれば上記のような最新の就活ノウハウが読み物として読めるので、大学2年でこれだけのノウハウを得れるのはメリットが大きいです。

\ チアキャリアだからできる /

チアキャリアの口コミや評判

ベンチャー企業は社風にもよりますが、積極的な企業が多いイメージなので、ガツガツ行きたい人に向いていると思います。無料ダウンロードの資料だけでも受け取っておくと良いかもしれません。

\ チアキャリアだからできる /

冬インターンの内定企業の探し方②動画型アプリで簡単に探す

インターンで内定直結する企業探しには、逆求人サイトでもおすすめした、YouTube感覚でインターンを探せる動画配信型の就活サービス「Lognavi(ログナビ)」が人気です。

気になっている企業のセミナー動画を再生するだけで企業の事や、業界の事を知れるので、かなりタイパ良く知識を得る事ができます。

適正テストを受けて企業からインターンのオファーをもらう事も可能ですし、全国の就活生のインターンの情報交換もできるのが非常に便利です。

「スマホで動画を観てるだけでも就活になる!」「インターンの情報がどんどん集まってくる!」そんな簡単なインターン探しが出来てしまうのは、スマホアプリだかたこそですし、「Lognavi(ログナビ)」だからこそです。

\ 適性テストも受けれる

冬インターンの内定企業の探し方③無料カウンセリングをしてみる

大学3年だし大手のインターンに受かるか試したい!・・・けどあまり自信がない・・・受かるかな?と大手に採用される自信がイマイチない場合は、無料カウンセリングで客観的に自分を判断してもらうのもおすすめです。

無料カウンセリングを受けた結果・・・

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

これらの企業の内定をもらったという実例があります。それが「Abuild就活」の無料カウンセリングです。

ただ、一つ問題があります。

「Abuild就活」で無料カウンセリングを受けられるのは毎月55名限定となっています。

1人1人のサポートを最高の水準に保つため、定員55人の入会制限があるそうなので、無料カウンセリングは、なるべくお早めにご予約ください。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

\ Abuild就活 /

冬インターンの内定企業の探し方④業種から探す

大学3年ですし志望する業種が既に決まっている場合は、志望する業界の職種からインターンを選びましょう

インターンで志望の業種・企業にアピールできれば、そこから採用に繋がる可能性はかなり高いです。

同じ業種であれば、他企業でもインターン経験を活かす事ができるのでポイントになります。

志望する業種でインターンに参加する事で、新しい選択肢も出てくるかもしれません。

自分が好きな業界であっても、自分が必ずしもその業界に向いているとは限りません。

やりたい事とできる事が違う・・・というのはよくある事なので、インターンで経験する事により、向き不向きがわかってくる事もあります。

まだ志望する業種がないという場合は、Lognavi(ログナビ)でインターンのオファーをもらうのもアリです。

自分では考えてもみなかった業種からのオファーで新しい可能性が拓かれるかもしれません。

冬インターンの内定企業の探し方⑤先輩や友人に紹介してもらう

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

大学3年のインターン探しで多いのが先輩や友人などの繋がりで紹介してもらう事です。

大学のサークルや学部で知り合った仲や、バイト先などあらゆるところからの繋がりでインターンを紹介してもらえる事があります。

こういったいわゆる“横のつながり”というような身近な人からの紹介だと、ベンチャー企業の紹介が多いイメージです。中には大手を紹介してくれる人もいるかもしれませんが、先輩や友人からの紹介はベンチャーが多い可能性があると思っておきましょう。

学校の教授に聞いてみるのもありです。学校の先生を通じて申し込むインターンでは単位認定されるものもあり、数は少ないものの、選考が免除されるなど参加につながりやすい傾向があります。

冬インターンの内定企業の探し方⑥学校のキャリアセンターで探す

学校のキャリアセンターには企業や団体から届いているインターンの募集を学生に紹介しています。

学生専用サイトで閲覧できるようにしている事も多いですが、就活エージェントなどに比べるとどうしても数は少なくなっています。

学校のキャリアセンターで探す場合は、学校を通して応募できる学校経由型のインターンもあり、選考を受ける際にサポートを受けれる事もあるのでメリットでもあります。

冬インターンについて

それではここでは冬のインターンについて解説していきます。

冬インターンとは、その名の通り冬に行われるインターンシップの事です。大学三年生のインターンというのは早期内定に直結する事もあるので、大切なインターンになります。

大学3年生のインターンと言えば、やはりサマーインターンとも呼ばれる夏の印象が強いと思います。

夏のインターンは夏休みの期間を利用して参加する事ができるインターンですし、多くの人がインターンを行うので、この機会を逃すと内定・採用直結の機会を逃してしまう・・・とも思われがちです。

しかし、冬のインターンでも遅いわけではありません。むしろ冬から応募が始める内定・採用直結のインターンもあるので、冬のインターンは穴場であるとともに、夏にインターンを行った人が冬もインターンに参加する確率はそこまで高くないので、冬インターンに参加するメリットは大きいと考えられます。

冬インターンの参加率

インターンに参加するのは早期選考や内定をもらいやすいというメリットもありますが、そもそもインターンに受からなくては意味がありません

そこで気になるのは、インターンを受けようという冬インターンにはどれくらいの学生が参加しているか・・・という事ですよね。

それではここで内閣府が実施した「学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について(概要)」を見てみましょう。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

夏・秋・冬インターンの参加率がずば抜けて高い

やはり夏・秋・冬インターンがずば抜けて高いですが、冬インターンは夏インターンに比べたら少ない方なので、夏インターンよりは落ちる可能性は低いかもしれません。

冬インターンに落ちないように、しっかりと対策を行っておく必要があります。詳しいインターンに落ちない準備に関しては、こちらを参考にしてください⇒インターンに受かる対策

インターンに参加する事で得られる事も多いので、ライバルに負けないようにインターン枠を勝ち取っていきましょう。

インターンに受かるために就活エージェントに色々と相談するのもありなので、その際は「キャリアチケット」に登録して相談するのがおすすめです。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

就活エージェントの「キャリアチケット」は色々な事で相談に乗ってくれるので、採用選考などでもES(エントリーシート)の書き方や面接対策なども親身に行ってくれるのでおすすめです。

\ キャリアチケットで早期内定 /

冬インターンを行うメリット・デメリット

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧|探し方も解説

それではここからはインターンシップのメリットとデメリットを紹介していきたいと思います。

インターンにはどのようなメリットとデメリットが考えられるのか、知りたいですよね。是非参考にしていただけたらと思います。

インターンのメリット
  • インターンに参加すると本選考より有利な場合がある
  • インターンが早期内定に繋がり、早めに安心感が得られる
  • インターンを受けないと就職できない可能性がある企業がある
インターンのデメリット
  • 早めから準備をしておかないといけない
  • 本選考に参加できない可能性がある
  • オワハラを受ける可能性がある

インターンのメリットを詳しく紹介

インターンに参加すると本選考より有利な場合がある

早期選考としてインターンを活用する企業がいくつかあります。そういった企業にはインターンに参加して早期選考を受けておいた方が内定に繋がりやすい可能性があります。

これもインターンによる早期選考の方が企業によって優遇される可能性があるため、本選考よりも有利になる場合があります。

インターンが早期内定に繋がり、早めに安心感が得られる

インターンが実質一次選考になっている企業で良い結果が得られれば、その後の就活も楽になりますし、早期内定で決めてしまえば、後の時間はかなり気持ちを楽に過ごす事ができます。

いつまでも就活で精神を削るよりも、早く楽になりたいと思うのは当然の事なので、これもかなり大きなメリットです。

インターンを受けないと就職できない可能性がある企業がある

エントリーを早々に打ち切ってしまう企業など、インターンを受けないと就職できない企業があります。

インターンが実質一次選考の企業があるのはそのためです。

インターンが早期選考の大事な役割をもってくるので、積極的にインターンに参加しましょう。

インターンのデメリットを詳しく紹介

早めから準備をしておかないといけない

インターンを受けるわけですから、早め早めの準備が必要です。早期選考が関わるインターンは大学3年生のうちから行動をしないといけないので、準備は大学2年生の早いうちに始めておいた方が良いです。

就活にはまだ早いと、周りが就活ムードでないうちから淡々と準備をする事になるので、早くから遊べるような時間が減ってきてしまいます。

本選考に参加できない可能性がある

インターンが実質一次選考になる企業の場合、インターンで落ちてしまった場合、その後の本選考を受けられない可能性があります。

企業によっては早期選考後の本選考をNGとしている場合があるので、インターンで落ちてしまうと早期選考も無理なので、その企業への就職は途端に厳しくなってしまう恐れがります。

オワハラを受ける可能性がある

「オワハラ」とは、「就活終われハラスメント」の略で、企業が新卒採用において、内々定を出した学生に、以降の就職活動を終えるよう働きかける行為や、内定を出す条件として長期的に学生を拘束する行為がある可能性があります。

この「オワハラ」は現在社会問題となっている事もあり、政府はインターンで得た学生情報を採用活動に活用するなと言っていた部分があるのですが、それが改正され、インターンで得た学生情報を採用活動に活用して良いと決まりました。

もしこういったハラスメントに遭ってしまった場合は、採用担当に正直に話してみましょう。内々定承諾期間以降も就職活動を続けたいと考えているなら、その事を採用担当に話してみます。

その際に採用担当者がどういった対応をするか・・・その対応によって、その会社に入るかどうかを決断しても良いかもしれません。

【26卒】冬インターンの内定直結大手企業一覧まとめ

大学3年のインターンシップというのはとても大切な意味合いがあるので、内定・採用直結を希望するのであれば積極的に参加する事をおすすめします

今回ご紹介したインターンの探し方などを是非参考にしていただけたらと思います。

大学3年のインターンを受けないと就職できませんか?

就職できないという事はありませんが、インターンを行った学生で早期選考をする企業もあるので、企業によりけりですので、志望する業種の企業ホームページなどを見て確認したり、就活エージェントを利用して相談してみましょう。就活エージェントなら⇒「キャリアチケット」

大学3年でインターンはどのように探せば良いですか?

インターンで行きたい企業が定まっていない場合は就活エージェントを利用したり、逆求人サイトを利用するのがおすすめです。

大学3年からのインターンは遅いですか?

遅くありません。むしろ大学3年からのインターンが勝負でもあるので、積極的にインターンを受けてみてください。自分の適性が分からない場合は、適正診断をしてみるのもありです。

適正診断なら⇒キャリアパークの「my analytics

大学3年の夏休みは遊べないですか?

大学3年の夏休みはサマーインターンや準備などで何かと忙しいのは事実ですが、まったく遊べないというわけではありません。遊ぶ時間も自分で作るものなので、今のうちから自分で時間の調整をして、就活と遊びなどのプライベートのメリハリをつけていきましょう。

大学3年のインターン、志望する業種のインターンで良い結果を出せるように動いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次