【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率やES、webテストなど選考フローも解説

この記事では2026卒向けに三井不動産株式会社の夏や冬のインターンシップ2024/2025の情報やES、webテストなどの選考フローやインターンシップによる優遇や早期選考、倍率などについて解説していきたいと思います。

三井不動産は三井グループの総合不動産デベロッパーで、オフィスビル、大型商業施設(SC)、複合商業施設などを中心に展開しており、「ららぽーと」や「三井アウトレットパーク」などが有名ですね。

インターンシップによる優遇

結論から言うと三井不動産にインターンシップの優遇はあります。優遇の内容は後程紹介しますので是非最後まで読んでください。

三井不動産の更に詳しいWEBテスト、SPIボーダーなどについてはこちらの記事を参考にしてくださいね。⇒三井不動産のWEBテストSPIボーダーと種類!使い回しなどについて解説

それでは三井不動産について紹介していきます。

目次

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬2024/2025や選考フローについて

先ずは三井不動産の夏や冬のインターン2024/2025について紹介していきます。

スクロールできます
三井不動産のインターンシップの種類実施期間人数選考方法詳細URL
三井不動産 Summer College2024年8月5日~6日、8月7日~8日、8月9日~10日、8月19日~21日、8月21日~23日、8月26日~28日、9月2日~4日30 ~ 50人未満・1次選考:エントリーシート/動画提出
・適性検査受検

・2次選考:コース別追加エントリーシート提出
詳細を見る
  • WEBテスト情報はこちらをチェック!

SPIや玉手箱、デザイン思考テストやCABなどWEBテストの攻略法やこちらで紹介しているので是非チェックしてください。

\ 気になるWEBテストはココ /

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

三井不動産 Summer College

三井不動産 Summer Collegeは、5コースから参加したい1コースを選択して参加するプログラムです。

プログラム内容

 ■ A:街づくりコース<3日間>~日本橋EASTの未来を創造する~

  • ・日本橋再生計画、不動産開発の進め方についてのレクチャー
  • ・日本橋EASTエリアにおける、当社の開発をモデルにしたワーク

■ B:ベンチャー共創事業コース<2日間>~三井不動産のオープンイノベーションを体感する~

  • 【ベンチャー共創事業部共催】
  • ・ベンチャー共創事業部によるレクチャー
  • ・当社のリソースを活用し、オープンイノベーション創出を目指すイントレプレナー(社内起業家)ワーク

■ C:グローバル事業コース(オンライン)<3日間>~アジアにおける街づくり事業の本質を学ぶ~

  • 【海外事業本部共催】
  • ・海外における当社事業展開についてのレクチャー
  • ・当社が実際に手掛ける、アジアの商業施設開発に関するワーク

■ D:SDGsコース<2日間>~「持続可能な社会実現」を自分事化して考える~

  • ・当社のSDGs/ESGへの取り組み事例についてのレクチャー
  • ・商業施設を舞台とした「持続的な社会の実現」に寄与するサービス検討ワーク

■ E:DXコース<2日間>~リアルな場×テクノロジーで不動産ビジネスを革新する~

  • ・当社のDX事例レクチャー
  • ・商業施設を舞台にテクノロジーを用いることにより、新たな価値を生み出すワーク

<<全コース共通内容>>
・デベロッパービジネスの理解
・現場社員との交流
※Cコース以外は、全て【対面形式】で実施いたします。

【26卒】三井不動産のインターンの優遇や早期選考について

三井不動産のインターンシップによる優遇や早期選考は、結論から言うとあります

三井不動産のインターンシップは冬のインターンシップの優遇が手厚く、フィードバックなどはもちろんの事、優秀者には本選考の二次からのスタートだったり、最終面接のみになる事もあります。

だからこそ、インターンシップに参加して、優遇を手に入れれば内定にかなり近づけます。そのためにESや適性検査など、対策が必要です。

\ PCの場合はこちら /

それではここからは三井不動産の選考を突破するための方法を紹介していきます。

三井不動産の選考フロー:ESは独特

三井不動産は2回ほどESを提出する必要がありますが、ESは毎年独特な内容だと噂です。

  • 大学・大学院で一番力を入れて取り組んだ事
  • 自分史上最も大きな成果だと思う事、その内容と成果をあげられた理由
  • あったら良いと思う街や施設を理由と共に具体的に書く
  • 一番輝いている写真
  • 自分の個性をPRするキャッチフレーズと補足文章
  • 意外と●●な人を述べる・その理由の説明

こういった設問が出る可能性があります。全て文字数はそこまで多くは書けないので、簡潔に説明できる内容をしっかり考えておく必要があります。

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

独特なESを通過するために証明写真にも力を入れる

先述したように、三井不動産の選考では2回ESを提出する機会があり、それほどESでの選考でふるいにかけられる可能性が高いです。そのため、可能な限り作り込んだESにするためにも、証明写真にも力を入れる必要があります

就活用の証明写真は、「スタジオインディ」のような、人事・採用関係者が1位に選んだ写真館で、プロにしっかり撮影してもらうことをおすすめします。

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率やES、webテストなど選考フローも解説

三井不動産の適性検査(TG-WEB)は本番さながらの模試が行えるアプリで練習が必須

三井不動産の適性検査はTG-WEBが採用されています。このテストはかなり難関なのでそれだけの準備が必要です。しっかり対策を行わないと、ESを作り込んでも落とされてしまいます。

実は裏技として三井不動産のTG-WEBは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」で適性検査対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

TG-WEBの偏差値がすぐにわかる

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率やES、webテストなど選考フローも解説

※「Lognavi(ログナビ)」について更に詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。⇒Lognavi(ログナビ)webテストの評判は?怪しい知的テストを受ける前にログナビを試すべきこれだけの理由

更に適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、これら適性検査を行える逆求人型の就活サービスの口コミや評判などの情報はこちらを参考にしてください。⇒超優良企業への就職はSPI対策もかなり重要

優遇の最終面接で落とされないように面接対策も必須

最終面接のみになるのは嬉しい事ですが、それでも最終面接で落とされる可能性も高いので、対策はしっかりと行いましょう。

面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率やES、webテストなど選考フローも解説

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

【26卒】三井不動産のインターンや本選考の倍率について

三井不動産のインターンの倍率ですが、参加人数は30名から50名です。そこにリクナビのプレエントリー候補リスト登録人数である4235名で倍率を出すと約85倍です。

また、本選考での募集人数は未定のため、どうなるか分かりませんがインターンシップの参加人数と同じか、少し多いくらいになると思うので、倍率はあまり変わらないと思います。

三井不動産は東洋経済オンラインが発表している「入社が難しい有名企業ランキング」トップ200社9位です。

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率やES、webテストなど選考フローも解説

これだけ難関な企業だからこそ、インターンシップの優遇を利用して本選考で優位に内定をゲットしたいですよね。そのためにもとにかく対策をするしかありません。

多くの時間を対策に費やす事になるとは思いますが、それでも三井不動産の内定を掴み取れれば有り余る程のメリットだと思うので、対策に利用できるものは全て利用し、うまく活用していきましょう。

【26卒】三井不動産のインターン夏や冬の優遇や早期選考!倍率まとめ

三井不動産のインターンシップの情報や優遇などについて、参考になりましたでしょうか。

三井不動産は背筋を伸ばしてしっかりと取り組まないと躓いてしまうので、覚悟をして臨みましょう。デベロッパーへの就職を考えているのであれば、三井不動産以外のインターンシップなどにも参加するようにしましょう。

それでは志望する企業の内定を勝ち取れるようにとことん対策を行っていきましょう!

三井不動産の企業情報

商号三井不動産株式会社
Mitsui Fudosan Co., Ltd.
本社東京都中央区日本橋室町二丁目1番1号
設立1941年7月15日
資本金341,000百万円(2023年7月28日現在)
年間売上高(連結)2,269,103百万円(2022年度実績)
株主数53,464名(2023年3月31日現在)
従業員数1,973名(2023年3月31日現在)
代表番号03(3246)3131
ウェブサイトURLhttps://www.mitsuifudosan.co.jp/
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次