【26卒】みずほ証券のインターンシップ夏冬2024-2025優遇と早期選考!倍率など解説

この記事では2026卒向けにみずほ証券株式会社のインターンシップ夏2024-2025の情報や、インターンシップの優遇や早期選考、倍率などについて解説していきます。

みずほ証券はみずほフィナンシャルグループの傘下の証券会社で野村證券(野村HD)、大和証券(大和証券グループ本社)、SMBC日興証券(SMFG)、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(MUFG)とともに、日本の大手5社の1角、引受業務に強く、学生の就職先としても人気の証券会社となっています。

インターンシップによる優遇

結論から言うとみずほ証券にインターンシップの優遇はあります。優遇の内容は後程紹介しますので是非最後まで読んでください。

それではみずほ証券について紹介します。

目次

【26卒】みずほ証券のインターンシップ夏冬2024-2025の情報

先ずはみずほ証券のインターンシップから紹介します。

スクロールできます
みずほ証券のインターンシップの種類実施期間人数選考方法詳細URL
Summer Workshop(証券業界理解編)2024年7月~9月未定・書類選考あり(WEBテスト/適性検査含む)詳細を見る

冬のインターンシップの情報はまだないので、分かり次第記載していきます。

  • WEBテスト情報はこちらをチェック!

SPIや玉手箱、デザイン思考テストやCABなどWEBテストの攻略法やこちらで紹介しているので是非チェックしてください。

\ 気になるWEBテストはココ /

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

Summer Workshop(証券業界理解編)

Summer Workshop(証券業界理解編)は、マーケットを通じて「発行体」と「投資家」をつなぐ証券会社の業務理解を深め、みずほ証券ならではの総合資産コンサルティング営業を体感するプログラムです。

体験できる職種
  • 営業(個人向け新規開拓メイン)
  • 営業(個人向け既存顧客メイン)
  • 営業(法人向け新規開拓メイン)
  • 営業(法人向け既存顧客メイン)
  • 証券アナリスト

【26卒】みずほ証券のインターンシップの優遇と早期選考

みずほ証券のインターンシップの優遇や早期選考ですが、結論から言うとあります

みずほ証券のインターンシップに参加すると、本選考で適性検査が免除されます。またインターンシップで優秀と判断された学生には、かなり優遇があるインターンシップの案内があると言われています。

みずほ証券はみずほフィナンシャルグループの中でも人気の会社なので、インターンシップに参加して積極的にアピールするようにしましょう。

それではここからはみずほ証券のインターンシップに勝ち抜く方法を紹介していきます。

ESはガクチカメイン

ES(エントリーシート)の提出は選考に書かれていませんが、書類選考の中に含まれています。

過去にみずほ証券のESでは学生時代に力を入れていた事などの設問がありました。ガクチカは論理的に分かりやすく記載する事を心がけましょう。また、冬のインターンシップでは志望動機も聞かれます。

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

みずほ証券の適性検査はTalテスト

みずほフィナンシャルグループの適性検査はグループ全体で共通と言われているので、みずほ証券の適性検査には玉手箱、言語と非言語、性格、Talテストが実施される可能性が高いです。

実は裏技としてみずほ証券のTalテストは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」でTalテスト対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

Talテストの偏差値がすぐにわかる

【26卒】みずほ証券のインターンシップ夏冬2024-2025優遇と早期選考!倍率など解説

適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、これら適性検査を行える逆求人型の就活サービスの口コミや評判などの情報はこちらを参考にしてください。⇒超優良企業への就職はSPI対策もかなり重要

【26卒】みずほ証券のインターンシップや本選考の倍率について

みずほ証券は就活生に人気の企業でもあるので、かなりの倍率が予想されます。

リクナビのプレエントリー候補リスト登録人数は11585名です。しかし募集人数が未定となっているため、どれくらいの倍率になるかは未知数です。

そして、東洋経済が発表している「入社が難しい有名企業ランキング」でみずほフィナンシャルグループは71位でした。

【26卒】みずほ証券のインターンシップ夏冬2024-2025優遇と早期選考!倍率など解説

前後の企業を見てみると人気企業ばかりなので、みずほ証券への就職の難易度が伺えます。※みずほ証券やみずほ銀行などはみずほフィナンシャルグループとして一括りにされている場合があるので、これも明確には言えません。

しかもみずほフィナンシャルグループの2021年の同ランキングでは92位で、2022年は80位。そして2023年は71位と、入社が難しいランキングがどんどん上がっていっているので、年々就職難易度が上がっているという事になります。

このみずほフィナンシャルグループ(みずほ証券やみずほ銀行)への就職の可能性を少しでも上げるために、就活エージェントなどの力を借りる事をおすすめします。

【26卒】みずほ証券のインターンシップ夏冬優遇と早期選考!倍率まとめ

みずほ証券のインターンシップ情報は参考になりましたでしょうか。

みずほ証券の本選考のみだとライバルが多いので、インターンシップに参加し、少しでも優遇を手に入れてライバルと差を付けましょう。

それでは志望する企業の内定が取れるようにしっかりと対策を行っていきましょう。

みずほ証券の企業情報

商号みずほ証券株式会社
英文社名Mizuho Securities Co., Ltd.
設立1917年7月
金融商品取引業者登録番号関東財務局長(金商)第94号
主な事業金融商品取引業
資本金125,167百万円
従業員数6,820名(2024年3月31日現在)
所在地本社〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1 大手町ファーストスクエア電話番号:03–5208–3210(代表)本社等所在地
国内外ネットワーク国内224拠点、海外19拠点
加入取引所等東京証券取引所 、大阪取引所、名古屋証券取引所 、
福岡証券取引所、札幌証券取引所、東京金融取引所
加入協会日本証券業協会、一般社団法人日本投資顧問業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、一般社団法人第二種金融商品取引業協会、
一般社団法人日本STO協会
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次