【26卒】楽天のインターン夏冬の優遇や早期選考2024/2025倍率や選考フローについて解説

この記事では2026卒向けに楽天グループ株式会社の長期インターンなど夏冬のインターンシップ2024/2025の情報や、インターンシップによる優遇や早期選考、倍率などについて解説していきます。

楽天グループと言えば、大手通販サイトである「楽天市場」や楽天カード、楽天モバイルなど色々な事業を手掛け、プロ野球球団「東北楽天ゴールデンイーグルス」、Jリーグクラブ「ヴィッセル神戸」を傘下に持つ事でも有名ですね。

インターンシップによる優遇

結論から言うと楽天グループにインターンシップの優遇はあります。優遇の内容は後程紹介しますので是非最後まで読んでください。

楽天のインターンや本選考なら、「キャリアスタート」を利用すれば就活アドバイザーが力を貸してくれるので、選考突破が可能になりますよ。

\ 楽天ならキャリアスタート /

それでは楽天グループのインターンシップなどについて紹介していきます。

目次

【26卒】楽天のインターン夏冬の選考フローなどについて

それでは先ずは楽天グループのインターンシップの情報から紹介します。

スクロールできます
楽天グループのインターンシップの種類実施期間選考方法詳細URL
Summer Short Internship 2024
〜夏の陣オンライン〜
2024年8月・9月開催・エントリー
・コーディングテスト
・書類選考
詳細を見る
【エンジニア職】長期インターンシップ2024年7月から10月の間の1~3カ月間・エントリーシート提出
・筆記試験
・書類選考
・面接(個別)1回実施予定
詳細を見る
【ビジネス職】仕事体験(夏季)2024年8月9月実施予定・エントリーシート提出
・適性検査
詳細を見る

楽天グループの夏インターンは上記のようになります。冬インターンに関しましては、情報が開示されましたら紹介していきたいと思います。

  • WEBテスト情報はこちらをチェック!

SPIや玉手箱、デザイン思考テストやCABなどWEBテストの攻略法やこちらで紹介しているので是非チェックしてください。

\ 気になるWEBテストはココ /

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

Summer Short Internship 2024〜夏の陣オンライン〜

Summer Short Internship 2024〜夏の陣オンライン〜は、コマース&マーケティングカンパニー開発部門でのグループワークを体験できる夏の短期インターンシップです。

楽天の開発部門で活躍する現場社員がメンターとなり、チームをサポートしてくれるので、ためになるプログラムです。

コース紹介
  • 新規プロトタイプ開発コース
  • 新規テスト設計コース
  • 新規企画立案コース

上記コースの中で、新規プロトタイプ開発コースのみプログラミング経験が必須となるので気を付けましょう。

【エンジニア職】長期インターンシップ

【エンジニア職】長期インターンシップは、様々な部署・職種において実践に近い内容を一カ月以上かけて現場で体験する事ができる夏から秋にかけての長期インターンシップです。

担当業務例
  • ソフトウェアアプリケーションの設計、開発
  • システムのメンテナンスと運用
  • データソースの分析
  • 新しいプロジェクトのプランニング及び既存プロジェクトのKPI管理 など

ランチや1on1など様々な社員との交流機会があるのも魅力です。

【募集職種例】

  • Applications Engineer
  • System Infrastructure Engineer
  • Data Engineer
  • Data Consultant
  • Product Manager
  • Machine Learning Engineer など

【ビジネス職】仕事体験(夏季)

【ビジネス職】仕事体験(夏季)は、いくつかのプログラムが用意されています。

  • Rakuteniansプログラム(0.5Day)

多種多様な事業分野の最前線で働くRakutenians(=楽天社員の通称)と共に、楽天のミッションやキャリア、社風などを知ることができるプログラム。

  • コア事業体感プログラム(2Days)

実際の業務に近いグループワークを実施し、人事担当や各事業の社員から直接フィードバックを受けられる2daysのプログラムです。

  • 新規事業立案プログラム (4Days)

日本全国の学生が集まり、地域活性化を目標に、現地にて新規事業立案ワークを行うプログラムです。

これらのプログラムで、主任・チームリーダーなど中堅社員、若手社員・新入社員などと会う事ができます。

【26卒】楽天のインターンの優遇や早期選考2024/2025

楽天のインターンシップの優遇や早期選考は、結論から言うとあります

楽天はインターンシップに参加すると、面接の回数が減るという優遇があります。更に優秀な人材だと判断されれば早期選考の案内もあるそうです。

楽天へ就職を検討しているのであれば、インターンシップには必ず参加しておきたいところなので、インターンシップの参加を迷わず、必ず参加できるように対策をしておきましょう。

そうしないと、本選考からの参加の場合は面接を複数回行わないといけなくなり、ここでかなり落とされるので何としてもインターンシップへの参加を考えましょう。

楽天のインターンや本選考なら、「キャリアスタート」を利用すれば就活アドバイザーが力を貸してくれるので、選考突破が可能になりますよ。

\ 楽天ならキャリアスタート /

それではここからは、楽天グループの選考を勝ち抜くための方法を紹介していきます。

ES対策を怠ると一発で落とされます

楽天のインターンシップでは基本的に2つの設問が行われます。先ずはインターンシップに応募した理由です。

IT業界の事はもちろんの事、新しい時代を切り拓くという社風に合わせて書いていく事が大切です。

そして2つ目は学生時代に最も頑張った事、力を入れた事についてです。その際の目標、自分が果たした役割や成果が分かるように、論理的に記載していきましょう。

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

適性検査(eF-1G)は本番さながらの模試が行えるアプリで練習が必須

楽天のビジネス職の適性検査はeF-1Gが行われると思います。eF-1Gを行う企業は徐々に増えてきており、楽天もそのうちの一社というわけです。

楽天でのeF-1Gは7割から8割程度はいけるように対策を行いましょう。eF-1Gはしっかり対策を行わないと、ESを作り込んでも落とされてしまいます。

実は裏技として楽天のeF-1Gは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」で適性検査対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

eF-1Gの偏差値がすぐにわかる

【26卒】楽天のインターン夏冬の優遇や早期選考2024/2025倍率や選考フローについて解説

玉手箱に関してはこちらの記事も参考にしてください。⇒玉手箱対策はいらない?1週間で身に付く対策アプリと本のおすすめを解説

更に適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、これら適性検査を行える逆求人型の就活サービスの口コミや評判などの情報はこちらを参考にしてください。⇒超優良企業への就職はSPI対策もかなり重要

面接対策も必ず行いましょう

楽天のインターンに参加するには、やはり面接(選考会)が重要になってきますので、面接対策を重点的に行いましょう

面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

【26卒】楽天のインターン夏冬の優遇や早期選考2024/2025倍率や選考フローについて解説

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

【26卒】楽天のインターンの倍率や本選考について

楽天グループが募集している採用予定人数は正直分からないのですが、リクナビのプレエントリー候補リスト登録人数は111017名という圧倒的な人数になっています。

楽天グループの昨年度の採用人数は301名以上となっているので、仮に300名採用されるとしても、プレエントリー候補リスト登録人数と照らし合わせると倍率は約370倍になります。

上記は本選考での倍率になるのですが、インターンシップでの倍率は更に高くなると予想されるので、激戦だと思われます。

楽天は上記でもお話しした通り本選考での繰り返される面接と、インターンシップでもかなりの倍率になるので、インターンシップや内定を勝ち取るにはかなりの準備が必要になるので、覚悟しておいてください。

【26卒】楽天のインターン夏冬の優遇や早期選考!倍率や選考フローまとめ

楽天グループのインターンシップの情報や優遇など、参考になりましたでしょうか。

楽天はインターンシップに参加するのも本選考で内定を得るのも一苦労なので、心してかかってください。ただ、楽天は極端に採用人数が少ないような事はないので、極端に採用人数が少ない企業よりは入りやすいと思います。

それでは志望する企業の内定を勝ち取るために頑張っていきましょう!

楽天グループの企業情報

会社名楽天グループ株式会社 (英文社名: Rakuten Group, Inc.)
本社所在地〒158-0094 東京都世田谷区玉川一丁目14番1号
楽天クリムゾンハウスTEL. 050-5581-6910(代表)
楽天グループサービスに関する総合案内TEL. 050-5846-8091
地図
楽天クリムゾンハウス オフィス紹介
各支社の住所・地図はこちら
代表者代表取締役会長兼社長
三木谷 浩史
役員紹介はこちら
設立1997年2月7日
楽天市場開設1997年5月1日
株式店頭上場2000年4月19日
資本金(日本基準)446,768百万円(2023年12月31日現在)
定款2024年3月28日改定 
従業員数単体:10,350名
連結:30,830名
(2023年12月31日現在)
※ 使用人兼務取締役、派遣社員及びアルバイトを除く就業人員ベース
適格請求書発行事業者登録番号
(インボイス制度)
T9010701020592
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次