【26卒】東芝のインターンシップ2024-2025優遇や早期選考!倍率について解説

この記事では2026卒向けに株式会社東芝(TOSHIBA)のインターンシップ2024/2025の優遇や早期選考、倍率などについて解説していきます。

東芝は、製品の製造からサービスに至るまでの間に、多岐に渡る子会社や関連会社を形成しており、東芝グループの中核に位置する巨大企業です。

インターンシップによる優遇

結論から言うと、東芝のインターンシップに優遇はありません。しかし、優遇がないからと言ってインターンシップに参加する意味がないわけではないので、その理由なども含めて後程紹介していきますので、是非最後まで読んでみてください。

それでは東芝について紹介していきます。

目次

【26卒】東芝のインターンシップ2024-2025

先ずは東芝のインターンシップの内容や選考フローから紹介します。

スクロールできます
東芝のインターンシップの種類実施期間人数選考方法詳細URL
夏季インターンシップ8月下旬~9月上旬まで事務系 20名程度
(営業、人事・総務、財務・経理、法務、調達等)
技術系 200名程度
(研究開発、開発設計、SE、生産技術、品質管理等)
・エントリーシート提出
・面接(個別)複数回実施予定
詳細を見る
夏季オープン・カンパニー6月上旬~7月下旬未定選考なし(抽選)詳細を見る
  • WEBテスト情報はこちらをチェック!

SPIや玉手箱、デザイン思考テストやCABなどWEBテストの攻略法やこちらで紹介しているので是非チェックしてください。

\ 気になるWEBテストはココ /

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

夏季インターンシップの内容

夏季インターンシップは、「社会」や「仕事」について、実体験を通して理解を深めていくインターンシップです。

体験できる職種
  • 営業(法人向け既存顧客メイン)
  • 基礎研究
  • 応用研究・技術開発
  • 生産・製造技術

夏季オープン・カンパニーの内容

夏季オープン・カンパニーは、業界研究、社員交流会、職種研究、オフィス・工場・研究所の見学会、営業(法人向け既存顧客メイン)、基礎研究、応用研究・技術開発、生産・製造技術などについて学べるオープンカンパニーです。

募集会社
  • 株式会社 東芝
  • 東芝エネルギーシステムズ株式会社
  • 東芝 インフラシステムズ株式会社
  • 東芝デバイス&ストレージ株式会社

上記の会社の社員より質疑応答・フィードバックを実施します。

【26卒】東芝のインターンシップの優遇や早期選考!

東芝のインターンシップによる優遇や早期選考ですが、結論から言うとありません

ただ、東芝のインターンシップに参加すると、インターンシップ期間中にメンターがつくので、メンターに顔を覚えてもらえれば有利になる・・・という考え方もあるようです。

しかしそれは直接的な優遇というわけではないので、優遇はありません。ただ、インターンシップに参加する事により学べる事も多いので、インターンシップに参加する事自体が有意義だと思います。

それではここからは東芝のインターンシップの選考を勝ち抜くための方法を紹介していきます。

東芝のESの設問はシンプル

東芝のES(エントリーシート)の設問は、インターンシップの志望動機を選択テーマの選択理由も含めて研究内容や力を入れている学問の内容、もしくは今一番頑張っていることについてです。

ガクチカに関しては結論、動機、目標・課題、取り組み・結果、学びというように論理的に書いていく必要があります。ここの文章構成でミスってしまうと評価が下がり、通過できなくなってしまう可能性があります。

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

webテストが行われる場合はSPI

東芝ではwebテストが行われないインターンシップもありますが、行われる場合はSPIなのでしっかり対策を行わないと、ESを作り込んでも落とされてしまいます。

実は裏技として東芝のSPIは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」で適性検査対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

SPIの偏差値がすぐにわかる

【26卒】東芝のインターンシップ2024-2025優遇や早期選考!倍率について解説

※「Lognavi(ログナビ)」について更に詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。⇒Lognavi(ログナビ)webテストの評判は?怪しい知的テストを受ける前にログナビを試すべきこれだけの理由

SPIに関してはこちらの記事もおすすめです。⇒SPIの偏差値を知る方法!企業ボーダーの参考や結果が悪いの最適解を解説

更に適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、LognaviのSPIは一度しか受ける事が出来ないので、練習という点では弱いです。そこでSPIを何回も無料で練習できるサービスがあります。それが「キミスカ」です。

「キミスカ」を利用するとSPIを1日5分や、試験のようにタイマーを使って練習をする事が可能なので、SPIが出来る就活サービスの中では一番精度が高く、おすすめです。「キミスカ」公式ページ⇒https://kimisuka.com/

\ 無料でSPI対策が何度も出来る /

東芝の面接対策

東芝の面接では、聞かれた事に対して結論から話、理由、具体例・事例、再び結論というPREP法を用いた答え方が理想的です。

これらの面接対策は自分一人ではなかなかできないので、自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」を活用するのがおすすめです。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

【26卒】東芝のインターンシップ2024-2025優遇や早期選考!倍率について解説

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

【26卒】東芝のインターンシップや本選考の倍率

東芝のインターンシップの倍率ですが、職種にもよりますが事務系は20名、技術系は200名なので、これにリクナビのプレエントリー候補リスト登録人数の5630名で倍率を出すと、事務系の倍率が約281倍で技術系の倍率が約28倍です。

また、本選考の募集人数は未定となっているので分かりませんが、前年度は事務系が51名から100名の募集で技術系が301名からでした。

こうして本選考の前年度の募集人数を見てみると、本選考の方が募集人数が多いので、インターンシップよりも倍率は下がるので、インターンシップに参加出来れば、その分本選考でも勝ち抜きやすくなると考えて良いでしょう。

【26卒】東芝のインターンシップ2024-2025優遇や早期選考!倍率まとめ

東芝のインターンシップの情報や優遇などについては参考になりましたでしょうか。

東芝のインターンシップには優遇はありませんが、本選考よりもインターンシップの方が募集人数が少ない分、インターンシップに参加できるという事は本選考でも内々定を取れるかもしれないという自信になります。

自信という掛け替えのないものを手に入れるためにも積極的にインターンシップに参加して、アピールを行っていきましょう!

東芝の企業情報

商号株式会社 東芝 (TOSHIBA CORPORATION)
本店所在地東京都港区芝浦1-1-1
創業1875年(明治8年)7月
社長執行役員 CEO島田 太郎(しまだ たろう)
資本金2,014億4,900万円
年間売上高(連結)3兆2,858億円
従業員数(連結)105,331名
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次