【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

26卒必見の内定直結のインターンや早期選考企業について詳しく紹介していきます。

2022年の改正により、5日間以上の就業体験を行うインターンや2週間以上のインターンを受ければ、企業はその学生の情報を採用活動に活用できるようになり、インターンが内定直結になる事を政府が認めました。

改正ポイント

現大学2年生より、一定の基準に準拠するインターンシップで得られた学生情報については、その情報を採用活動開始後に活用可能となります。

今後、関係省庁とも連携して、産業界や大学等への周知・広報をしっかりと進め、学生が安心して就職活動に取り組める環境の整備に努めてまいります。

※ 就業体験要件(必ず就業体験を行う。インターンシップ実施期間の半分を超える日数を職場での就業体験に充てる)や、実施期間要件(インターンシップの実施期間は、汎用的能力活用型では5日間以上、専門能力活用型では2週間以上)等。

引用元:経済産業省

それでは26卒の早期選考企業について紹介していきます。

完全無料サポート一覧
  • 26卒限定!登録するだけで1000円もらえる就活アプリ!

今の時期はバンバン大手企業からもオファーが届くしamazonギフトが1000円分もらえるインターンの情報共有SNS機能もあってSPI対策もできる逆求人型の就活サービス「Lognavi(ログナビ)」早い者順で良いオファーとエントリーがなくなってしまうので早めに登録しておいてください。

早期選考の優遇も!

  • 今から早期選考のあるインターンに参加するなら!

就活エージェンにES(エントリーシート)の添削や面接対策を行ってもらいインターンも落ちる事なく無双できる!?今からの就活で即内定も間に合う完全無料就活サポートサービス「キャリアチケット

\ キャリアチケット /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、プロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

目次

【26卒】早期選考企業一覧(インターン含む)

早期選考企業を業種ごとに紹介していきますが、先ずはそもそも早期選考とは何かについてご確認ください。

早期選考とは

エントリー開始の3月1日以前の選考を早期選考とするか、面接が解禁される6月1日以前の選考を早期選考とするか業界によって異なるので注意してください。

3月1日以前に選考を実施する業界は、10月頃からエントリーや選考を開始し、3月以降は新たに選考を実施しない企業もあるので、遅くとも3年生の秋までに自己分析や業界研究を終わらせておくことが必須となります。

また、サマーインターンに参加した優秀な学生は、サマーインターン経由で早期選考に招待されることがあります。つまり、サマーインターンは早期選考の0次選考のような位置づけです。サマーインターンに参加しないと早期選考に応募できない企業もあります。サマーインターンを実施する企業に関してはこちらをご確認ください。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

早期選考を行っている業種

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方
  • 外資コンサル
  • 外資系金融
  • 外資系メーカー
  • 外資系IT
  • 総合商社
  • 日経金融
  • テレビ業界
  • ベンチャー企業

早期内定を行っている企業は一定数ありますが、外資系が目立ちます

また、サマーインターンを活用して早期選考を行う流れもあるので、サマーインターンの状況も早め早めにチェックしておきましょう。※遅れると募集が締め切られてしまいます。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

早期内定が出る業界別の時期

  • 【9月】外資系戦略コンサル
  • 【10月】外資系総合コンサル、外資系メーカー
  • 【12月】外資系金融、メガベンチャー
  • 【1月】メガベンチャー
  • 【2月】ミドルベンチャー
  • 【3月】IT業界(SIer)、人材業界、自動車・機械メーカー
  • 【5月】日系金融
  • 【6月】総合商社
  • 【その他】マスコミ、広告代理店、デベロッパー/不動産、メーカー(食品、化粧品・ 消費財・化学)

上記が早期内定が出る業界別の時期になります。やはり外資系が早いですね。

外資系を狙う場合は急がないと間に合いません。昨今人気が出てきている金融にはまだ少し余裕がありますが、大学3年生は準備を急ぎましょう

早期選考企業①外資コンサル

外資コンサルは企業が抱える経営・事業課題を発見し、解決に導く企業です。

外資コンサルの選考は早く、大学3年の9月から始まり、1月や3月にはエントリー終了している企業が多いので、急がなくてはいけません。人によっては大学4年の冬にエントリーし、内定をもらう場合もあります。

外資コンサルの例

企業名URL
アクセンチュアhttps://www.accenture.com/jp-ja
マッキンゼー・アンド・カンパニーhttps://www.mckinsey.com/jp/overview
デロイトトーマツコンサルティングhttps://www2.deloitte.com/jp/ja.html

早期選考企業②外資系金融

外資系金融は資本の3分の1以上を外国資本が占めていて、企業向けに証券業務やM&A、資本調達のアドバイスなどを行っています。

外資系金融は20代で年収1,000万円以上を超える好待遇や規模の大きい仕事に携えることができます。そのため優秀な学生が多くエントリーするため入念な準備が必要となります。1月中に採用を終える企業が多いのも特徴です。

外資系金融の例

企業名URL
モルガン・スタンレーhttps://www.morganstanley.co.jp/ja
ゴールドマン・サックスhttps://www.goldmansachs.com/japan/
マニュライフ生命https://www.manulife.co.jp/ja/individual.html

早期選考企業③外資系メーカー

外資系メーカーは海外に本社を置きながらも日本に進出している企業のことで、化粧品や食品、家電や衣料品に至るまで多種多様な企業が日本に存在しています。

外資系メーカーも大学3年生の3月までには採用活動を終えている企業が多いので、早めの準備が欠かせません。また、インターンを0次選考として取り入れているケースもあるので、夏ごろに開催されるサマーインターンの選考にも必ず応募しましょう。インターンに参加しないと、そもそも面接を受けられない企業もあります。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

外資系メーカーの例

企業名URL
P&Ghttps://jp.pg.com/
ネスレhttps://www.nestle.co.jp/
ジョンソンエンドジョンソンhttps://www.jnj.co.jp/

早期選考企業④外資系IT

外資系ITは高度なITスキルを持つ優秀層を狙っており、「即戦力」が選考基準のキーポイントになります。

外資系ITは高度なスキルが要求されるため、インターンでも本格的な課題に取り組むプログラムが用意されています。そして実質インターンが一次選考としての位置づけになります。つまりインターンで良い成果を収めることができれば早期選考への案内がもらえる可能性もあります。

外資系ITの例

企業名URL
Googlehttps://careers.google.com/?hl=ja_jp
日本マイクロソフトhttps://news.microsoft.com/ja-jp/cp/outline/
アマゾンhttps://www.amazon.co.jp/b?ie=UTF8&node=5600252051

早期選考企業⑤総合商社

総合商社とは、食品や生活品、機械、金融等、多種多様な事業領域で商品取引を行う企業のことです。

大学3年生の夏・秋・冬とインターンをおこなっており、早期選考にエントリーするために参加は必須です。とはいえ総合商社のインターン選考は非常にハイレベルなので、準備不足で挑んでも突破は難しいです。大学3年生の6月頃までには自己分析やWeb適性検査対策を終えておくのがおすすめです。

総合商社の例

企業名URL
三菱商事https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/
伊藤忠商事https://www.itochu.co.jp/ja/
三井物産https://www.mitsui.com/jp/ja/

早期選考企業⑥日経金融

日経金融はメガバンクや証券会社、生命保険・損害保険に代表されます。経団連の就活スケジュールに合わせて6月から内定を出し始めます。

総合商社と同様にインターンで活躍を見せた学生には早期選考を案内して、内々定を出すケースがあります。冬のインターンが終了すると、早期選考が本格化します。大学3年生の1月頃までに、面接対策は進めておきたいところなので、しっかり準備しましょう。

日経金融の例

企業名URL
三菱UFJ銀行https://www.bk.mufg.jp/index.html
三井住友カードhttps://www.smbc-card.com/index.jsp
日本生命https://www.nissay.co.jp/

早期選考企業⑦テレビ業界

テレビ業界は言わずと知れた業界で、昨今は不況が囁かれますが、まだまだ力を持つ企業で、早期選考も行っております。

東京を拠点とするキー局と、大阪を拠点とする準キー局は遅くとも外資系企業と同じ大学3年生の春から準備を始める必要があります。製作スタッフやアナウンサーなど職種を問わずに選考時期が早いのが特徴で、大学3年生の秋には、本選考がスタートします。大学4年生の春には、すでに次年度の採用活動に向けて動いている局が多くなっています。そしてテレビ業界ではインターンが非常に重要で、インターンで高い評価を得た学生だけが、次の上級者インターンに参加できるという選考フローを導入している企業もあります。

テレビ業界の例

企業名URL
フジテレビジョンhttps://www.fujitv.co.jp/
日本テレビホールディングスhttps://www.ntvhd.co.jp/
TBSホールディングスhttps://www.tbsholdings.co.jp/

早期選考企業⑧ベンチャー企業

ベンチャー企業は成長中の企業であり、ベンチャーで実力を発揮すればすぐに役職がもらえたり、系列会社を設立し、社長にもなれるというベンチャー企業ならではのメリットがあります。

ベンチャー企業は通年採用を導入している企業が多く、3月にエントリーを開始し6月に面接を解禁する日系企業の多くが実施している採用活動とは異なります。また、インターンを選考フローに組み入れているケースもあるので、インターンで一定以上の成績を残せば、次の選考フローに進むことも可能です。そのため、夏のインターン終了後に面接がスタートし、秋〜冬ごろには内定を獲得できます。⇒サマーインターンの優遇企業一覧

ベンチャー企業の例

企業名URL
リクルートhttps://www.recruit.co.jp/
楽天グループhttps://corp.rakuten.co.jp/
サイバーエージェントhttps://www.cyberagent.co.jp/

【26卒】早期選考は受かりやすいのか

早期選考が特別受かりやすいとか、受かりにくいという事はありません。しかし、インターンが実質一次選考の企業の場合は、受かりやすいと言っても過言ではないかもしれません。

インターンに参加できれば誰でも一次選考を通れるというわけではありませんが、何もしないよりは有利なのは間違いありません。

大手企業から内定をもらうにはSPI対策が大切

企業を探すだけでなく、大切なのは受かるための準備をする事です。

多くの企業が取り入れているWEBテストやSPIの対策をしっかりしておかないと、SPIで選考から落とされてしまう事もあります。実際にSPIで落とされてしまった人は多いため、準備を行って損はありません。

SPI対策でおすすめなのが、無料でSPI対策ができる「キミスカ」です。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

「キミスカ」はSPI対策ができるだけでなく、逆求人型の就活サービスなので、大手からのオファーももらえる便利なサイトなのです。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

キミスカは3つのポイントで内定に繋がる

  • 利用者15万人超のSPIアプリ

キミスカでは毎年大手志望の就活生に選ばれ続けているSPI対策アプリを無料で利用することができます。キミスカに登録してSPI対策を始めましょう!

  • 1日5分でSPI対策ができる

就活の準備は何かと忙しいもの… 業界研究やES添削等、作業をしていると時間が足りません。キミスカのSPI対策アプリは1日5分から始められます!電車の中や授業の合間に勉強ができます。

  • 本番の選考に向けたSPI対策

キミスカのSPI対策では言語・非言語・英語の3科目すべての対策が可能です。本番と同じ制限時間付きのテストが受けられるため確実に実力を付けられます。

「キミスカ」はこれだけの事が可能なので効率的な就活対策ができるのでおすすめです!

SPI対策のために利用するだけでも便利なサービスなので、登録をしておくと良いかもしれません。

\ 無料でSPI対策が出来る /

また、早期選考を受けるにあたって心配事や不安がある場合は、適性診断ツールを使用して自分の強みを活かせる業種を選ぶと良いかもしれません。

適性診断ツールは「OfferBox」がおすすめ

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

「OfferBox」は逆求人サイトで、ベンチャーから大手までの企業からオファーをもらえるサービスですが、それだけでなく適性診断ツールも使用できるのでおすすめです。

「OfferBox」に関してはこちらで口コミなども紹介しているので、こちらを参考にしてください⇒【26卒】早期選考企業やインターンの探し方①逆求人サイトでオファーをもらう

\ 適性診断ツールAnalyzeU+も使える

【26卒】早期選考企業やインターンの探し方

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

それではここからは上記で紹介したような大手企業だけでなく、様々な早期選考企業の事や、内定に直結するインターンの探し方について紹介していきます。

早期内定にインターンは欠かせないものでもあるので、26卒はインターンも見逃せません!

※もちろんすべて無料で利用可能です。

【26卒】早期選考企業やインターンの探し方①逆求人サイトでオファーをもらう

26卒の早期選考企業やインターンを探す場合、まず最初に行う事は逆求人サイトに登録する事です。

一度無料で登録を行ってしまえば、適性検査を行って大手からもオファーが届くので就活には必須です。

プロフィールを入力するだけでオファーが届くので、メリットしかありませんし、自分が考えてもみなかった企業からのオファーが届く事もあるので、就活や、自分の可能性を高めるのにも役立つので、必ず登録しておきましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

学生満足度3年連続No.1という驚異的な数字を保ち、プロフィール記入率が80%を超えれば99%の確率でオファーが届く優れものです。大手であるベネッセ独自の適性検査もあるのが嬉しいです。

15万人の学生が利用しているサービスで、各企業のセミナー動画を観たり、SPI対策である適性検査も行えます。そして就活生の独自SNS機能もあるので、インターン情報などを交換する事ができるのも嬉しいところです。

キミスカのスカウトはゴールド/シルバー/ノーマルの3種類に分かれており、ゴールドスカウトはなんと全体の4%しかない希少なスカウトをもらう事ができます。SPI対策はかなり評判が良いので、SPI対策を頑張りたい学生に向いています。

適性診断【AnalyzeU+】は累計100万人の診断結果に基づいた分析ができるので、分析結果に基づいた就活を行うのも可能です。プロフィールを80%入力すれば93.6%のオファー受信率の高さも特徴の一つです。

どこの逆求人型の就活サービスを利用したら良いか分からない・・・という時は

がおすすめです。色々な企業からオファーをもらえると思うので、自分の強みを活かせる企業の内定を掴みましょう!

逆求人型の就活サービスの口コミなど、詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒適性診断を行いながらインターンを探す方法

ベンチャーの早期内定やインターンならチアキャリアの併用がおすすめ

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

大手の大企業も良いけど、ベンチャーで成り上がりたい!そんな野望をお持ちの方にはベンチャーに強いチアキャリアを併用するのもおすすめです。

ベンチャーは役員と社員の距離も近く、事業で成功を収めれば一気に役職が上がる事もあり、一定の人気を誇っています。企業を、仕事を作り上げる楽しみも感じられるかもしれません。

また、チアキャリアの強みは他社にはない就活ノウハウが豊富に書かれた無料ダウンロードコンテンツです。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

こういった情報は常に最新のモノを得なくては意味がありません。ネットや書籍など、どれが最新のものか探すのも大変ですよね。

チアキャリアに登録すれば上記のような最新の就活ノウハウが読み物として読めるので、大学2年でこれだけのノウハウを得れるのはメリットが大きいです。

\ チアキャリアだからできる /

チアキャリアの口コミや評判

ベンチャー企業は社風にもよりますが、積極的な企業が多いイメージなので、ガツガツ行きたい人に向いていると思います。無料ダウンロードの資料だけでも受け取っておくと良いかもしれません。

\ チアキャリアだからできる /

【26卒】早期選考企業やインターンの探し方②無料カウンセリングをしてみる

大手のインターンに受かるのか・・・あまり自信がない・・・受かるかな?と大手に採用される自信がイマイチない場合は、無料カウンセリングで客観的に自分を判断してもらうのもおすすめです。

無料カウンセリングを受けた結果・・・

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

これらの企業の内定をもらったという実例があります。それが「Abuild就活」の無料カウンセリングです。

ただ、一つ問題があります。

「Abuild就活」で無料カウンセリングを受けられるのは毎月55名限定となっています。

1人1人のサポートを最高の水準に保つため、定員55人の入会制限があるそうなので、無料カウンセリングは、なるべくお早めにご予約ください。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

\ Abuild就活 /

【26卒】早期選考企業やインターンの探し方③就活エージェントで探す

就活エージェントは面談後、自分に合った企業を紹介してくれるサービスです。

登録すれば内定までしっかりサポートしてくれるから心強い味方になってくれます。

しっかりサポートしてくれると言っても、しつこく連絡をしてきたりとか、そういう事はないので安心してください。

同じ目的で動いてくれるので、すぐに新卒採用企業を紹介してくれるので安心できます。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模量より質を重視参加1000社参加1200社参加1000社
就活エリア関東全国(関東中心)全国関東
ウェブ面談OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

量より質の就活サポートをしてくれる事に定評があり、2023年度は最短で一週間で内定を獲得する程のマッチング力を保っています。

最短2週間のスピード内定で、定着率も92%という高さを誇っています。ZOOMや通話で全国どこからでも相談できるのも嬉しいところです。

ベンチャーや成長企業に強いのが特徴で、WEB面接完全攻略、WEB面接の服装や場所などについてのノウハウが書かれた虎の巻のような裏技本がダウンロードコンテンツとして用意されているのが嬉しいです。

就活のノウハウ・業界研究・職種研究などのような就活TIPSや企業参加型のマッチングイベントを開催しているのも特徴で、通常の就活エージェントのような動き以外のところでも企業との機会を提供してくれます。

「どこを選べば良いのかわからない・・・」という時は内定のスピード感も早い「キャリアチケット」をおすすめします。

新卒枠がまだ間に合うのか、今からエントリーできるのかと不安になるかもしれませんが、内定辞退枠があるので狙っていきましょう。

就活エージェントの口コミなど詳しい情報はこちらを参考にしてください。⇒就活エージェントを利用したインターンの探し方

【26卒】早期選考のメリット・デメリット

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

早期選考で早くから内定がもらえれば嬉しい事ばかり・・・と思いますが、早期選考にはメリットだけでなくデメリットも考えられるので、予めチェックしておきましょう。

早期選考のメリット
  • 早期選考の方が本選考より有利な場合がある
  • 早めの内定で安心感が得られる
  • 早期選考を受けないと就職できない可能性がある企業がある
早期選考のデメリット
  • 早めから準備をしておかないといけない
  • 本選考に参加できない可能性がある
  • オワハラを受ける可能性がある

早期選考のメリットを詳しく紹介

早期選考の方が本選考より有利な場合がある

早期選考としてインターンを活用する企業がいくつかあります。そういった企業にはインターンに参加して早期選考を受けておいた方が内定に繋がりやすい可能性があります。

これも早期選考の方が企業によって優遇される可能性があるため、本選考よりも有利になる場合があります。

早めの内定で安心感が得られる

早期選考で内定が得られれば、その後の就活も楽になりますし、早期内定で決めてしまえば、後の時間はかなり気持ちを楽に過ごす事ができます。

いつまでも就活で精神を削るよりも、早く楽になりたいと思うのは当然の事なので、これもかなり大きなメリットです。

早期選考を受けないと就職できない可能性がある企業がある

エントリーを早々に打ち切ってしまう企業など、早期選考を受けないと就職できない企業があります。

インターンが実質一次選考の企業があるのはそのためです。

インターンが早期選考の大事な役割をもってくるので、積極的にインターンに参加しましょう。

早期選考のデメリットを詳しく紹介

早めから準備をしておかないといけない

早期選考を受けるわけですから、早め早めの準備が必要です。早期選考は大学3年生のうちから行動をしないといけないので、準備は大学2年生のうちに始めておいた方が良いです。

就活にはまだ早いと、周りが就活ムードでないうちから淡々と準備をする事になるので、早くから遊べるような時間が減ってきてしまいます。

本選考に参加できない可能性がある

早期選考で落ちてしまった場合、その後の本選考を受けられない可能性があります。

企業によっては早期選考後の本選考をNGとしている場合があるので、早期選考で落ちてしまうと、その企業への就職は途端に厳しくなってしまう恐れがります。

オワハラを受ける可能性がある

「オワハラ」とは、「就活終われハラスメント」の略で、企業が新卒採用において、内々定を出した学生に、以降の就職活動を終えるよう働きかける行為や、内定を出す条件として長期的に学生を拘束する行為がある可能性があります。

この「オワハラ」は現在社会問題となっている事もあり、政府はインターンで得た学生情報を採用活動に活用するなと言っていた部分があるのですが、それが改正され、インターンで得た学生情報を採用活動に活用して良いと決まりました。

もしこういったハラスメントに遭ってしまった場合は、採用担当に正直に話してみましょう。内々定承諾期間以降も就職活動を続けたいと考えているなら、その事を採用担当に話してみます。

その際に採用担当者がどういった対応をするか・・・その対応によって、その会社に入るかどうかを決断しても良いかもしれません。

早期選考で受かるコツ

早期選考で受かるための対策
早めから自己分析や業界研究を行うインターンに積極的に参加する
グループワークや対策イベントに参加する早めに面接の練習をしておく

早めから自己分析や業界研究を行う

早期選考で受かるコツとして一番大切とも言えるのが、自己分析や業界研究を行う事ですね。

自分の事を知れば選ぶ企業も変わるかもしれないですし、業界研究を行う事で企業へ大きなアピールが可能となります。

企業側から見ても、自社の理解や業界の事に詳しい就活生を採用したいと思うのは当然の事です。

そのためにも先ずは自己分析の一環として適性検査を行うようにしましょう。適性検査は独自の適性検査で内定まで結びつかせるdodaキャンパスがおすすめです。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

ベネッセが独自に行っている適性検査なので、ベネッセという企業規模を考えても一度行ってみて損はありません。

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

MBTI診断も参考になるので、まだ試した事がない場合は、MBTI診断も行ってみると良いかもしれません。⇒MBTI診断が就活に有利?簡単に16タイプ診断を無料で行う方法

インターンに積極的に参加する

どうしても早期選考のキモとなるのはインターンです。インターンが実質一次選考の企業もあるくらいなので、志望する業界や企業がインターンを募集していたら、すぐに参加できるように進めていきましょう。

インターンも必ず受かるわけでなく、落ちる可能性もあるので、インターンに受かるための準備も必要です。詳しくはこちらの記事を参考にしてください。⇒インターンの探し方一覧|長期や短期、中小企業のインターンサイト・アプリおすすめ情報

グループワークや対策イベントに参加する

グループワークや対策イベントも重要です。これらもいつ何処で開催されるのかなど、調べるのが大変ですよね。

そこでおすすめしたいのが、「キミスカ」です。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

【対面/オンラインイベント多数開催】

キミスカライブや合同説明会をはじめ、豪華イベントを多数実施しております。特にキミスカラ イブでは、企業から直接スカウトを貰えるだけでなく当日に1on1面談まで進めるので、就活が一 気に進むので就活に大人気です。

「キミスカ」は上記でも説明しましたが、SPI対策もかなり充実していますし、逆求人型の就活サービスとしても優秀なので、登録しておいて損はありません。

\ 無料でSPI対策が出来る /

早めに面接の練習をしておく

そしてどうしてもつきまとうのが面接です。内定をもらうために重要なのが、面接です。採用担当者と面と向かって話す機会であり、その場の印象などが大切になります。

新型コロナウイルスによる影響でソーシャルディスタンスが行われ、人と接するのが苦手になっている人が増えていると思いますが、面接は大切なので、対策をしておく必要があります。

就活をして内定を得るためには、やはり面接が重要になってきますので、面接対策をしっかり行いましょう。面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

【26卒】早期選考企業一覧|受かりやすいインターンを含む探し方

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

【26卒】早期選考企業一覧やインターンの探し方まとめ

26卒は早期選考を考えるなら早め早めに動き出さないとかなり出遅れてしまいます。

早期選考や内定をもらうならインターンは欠かせないので、希望する業界、企業が定まっているのであれば、積極的にインターンを受け、早期内定を掴み取りましょう。

早期選考を受けるにはどうすれば良いですか?

早期選考を受けるにはとにかく企業を探す事です。インターンも欠かせないので、就活エージェントや逆求人サイトを使用する事をおすすめします。

早期選考にメリットはありますか?

内定が早いので、早くから安心を得る事ができます。もし仮に落ちてしまったとしてもまだ次をすぐに探しても余裕があるところも嬉しいですね。

経団連が定める6月からの選考開始よりも早くて問題ないんですか?

経団連が掲げる選考開始日などは、あくまで目安でもあるので、必ず守らなくてはいけないわけではありません。これを破っても違法行為などになるわけではないので、各企業昔からインターンなどでグレーに早期内定を出したりしています。

早期選考に参加するにはインターンを含めて早めの応募が大切なので、すぐに企業を探しましょう。

もし特定の企業が決まっていない場合は、逆求人サイトや就活エージェントをうまく活用してみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次