【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン優遇と早期選考!倍率など解説

この記事では2026卒向けに株式会社みずほフィナンシャルグループ(MHFG)のインターンシップ2024/2025の優遇や早期選考、倍率などについて解説していきます。

みずほフィナンシャルグループを親会社とするみずほ銀行、みずほ信託銀行、みずほ証券などの金融関係の企業からなる企業グループで、東証プライム市場およびニューヨーク証券取引所(NYSE)上場企業です。

インターンシップによる優遇

結論から言うとみずほフィナンシャルグループにインターンシップの優遇はあります。優遇の内容は後程紹介しますので是非最後まで読んでください。

それではみずほフィナンシャルグループについて紹介します。

目次

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン情報

先ずはみずほフィナンシャルグループ全体ののインターンシップ情報から紹介します。

スクロールできます
みずほフィナンシャルグループのインターンシップの種類実施期間人数選考方法詳細ページへ
Story of Banker(法人営業ワークショップ)みずほ銀行2024年7月17日 水曜日、7月18日 木曜日、8月19日 月曜日、8月23日 金曜日未定・書類選考あり(WEBテスト/適性検査含む)詳細を見る
Quants Digital Technology Internship みずほ銀行2024年8月26日 月曜日~8月30日 金曜日未定・書類選考あり(WEBテスト/適性検査含む)
・面接(個別)1回実施予定
詳細を見る
Summer Workshop(証券業界理解編)みずほ証券2024年7月~9月未定・書類選考あり(WEBテスト/適性検査含む)詳細を見る
Experience R&Dスペシャリスト みずほリサーチ&テクノロジーズ2024年8月11日 日曜日、 2024年8月24日 土曜日、 2024年9月15日 日曜日未定・書類選考あり(WEBテスト/適性検査含む)詳細を見る
Experisence コンサルタント みずほリサーチ&テクノロジーズ2024年8月~2025年2月10 ~ 30人未満・エントリーシート提出
・適性検査
詳細を見る
  • WEBテスト情報はこちらをチェック!

SPIや玉手箱、デザイン思考テストやCABなどWEBテストの攻略法やこちらで紹介しているので是非チェックしてください。

\ 気になるWEBテストはココ /

  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

Story of Banker(法人営業ワークショップ)│みずほ銀行

Story of Banker(法人営業ワークショップ)は、ある企業の法人RMとして経営者に事業拡大の提案を行うワークを通して、法人RMが経営者と共に成長するプロセスを疑似体験していくプログラムです。

体験できる職種
  • 営業(法人向け新規開拓メイン)
  • 営業(法人向け既存顧客メイン)
  • 海外営業

Quants Digital Technology Internship│みずほ銀行

Quants Digital Technology Internshipは、融工学・データサイエンスに係る業務体験(スコアリングモデル開発業務やデータマーケティング業務、データアナリティクス業務体験など)を通じて、理系的な素養と知識を最大限に発揮した働き方とその魅力を体験していくプログラムです。

体験できる職種
  • 基礎研究
  • 応用研究・技術開発
  • 機械・電子機器設計

Summer Workshop(証券業界理解編)│みずほ証券

Summer Workshop(証券業界理解編)は、マーケットを通じて「発行体」と「投資家」をつなぐ証券会社の業務理解を深め、みずほ証券ならではの総合資産コンサルティング営業を体感するプログラムです。

体験できる職種
  • 営業(個人向け新規開拓メイン)
  • 営業(個人向け既存顧客メイン)
  • 営業(法人向け新規開拓メイン)
  • 営業(法人向け既存顧客メイン)
  • 証券アナリスト

Experience R&Dスペシャリスト│みずほリサーチ&テクノロジーズ

Experience R&Dスペシャリストは、実業務で使用しているシミュレータや当社で開発したAI等のソフトウェアを使用し、R&Dスペシャリストの社員と一緒に、課題解決に向けた議論や検討を体験する事ができます。

体験できる職種
  • ITコンサルタント
  • システムコンサルタント
  • システムエンジニア

Experisence コンサルタント│みずほリサーチ&テクノロジーズ

Experisence コンサルタントは、実業務に基づく複数のテーマからコンサルタントの業務の進め方、考え方、働き方を体感するプログラムです。

体験できる職種
  • 経営コンサルタント
  • 専門コンサルタント

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターンの優遇や早期選考について

みずほフィナンシャルグループのインターンで早期選考の優遇はあるのか、結論から言うと、優遇はあります

みずほフィナンシャルグループの優遇があると言っても、具体的に優遇があるのはみずほ銀行のインターンシップになります。

みずほ銀行のインターンは7月から9月に行われるサマーインターンが多く、この夏のインターンに参加した学生の一部に秋に行われる早期選考の優遇もあるとされるreal bankerというインターンに案内されます

それから早期選考の案内ももらえたりするので、みずほ銀行のインターンシップに参加する場合は、優遇をもらえるようにしっかりアピールしていきましょう。

それではここからはみずほフィナンシャルグループのインターンシップの選考を勝ち抜くための方法を紹介していきます。

ESは主に志望動機とガクチカ

ES(エントリーシート)の提出があるのはみずほリサーチ&テクノロジーズですが、主に志望動機や学生時代に力を入れていた事が設問で出てくるのではないかと思います。

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

みずほ銀行の適性検査はTalテスト

みずほ銀行の適性検査には玉手箱、言語と非言語、性格、Talテストが実施されると言われています。

実は裏技としてみずほ銀行のTalテストは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」でTalテスト対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

Talテストの偏差値がすぐにわかる

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン優遇と早期選考!倍率など解説

適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、これら適性検査を行える逆求人型の就活サービスの口コミや評判などの情報はこちらを参考にしてください。⇒超優良企業への就職はSPI対策もかなり重要

【26卒】みずほフィナンシャルグループの倍率など解説

先ずはみずほフィナンシャルグループのインターンの倍率ですが、インターンの募集要項に募集人数の記載が殆どありません

つまり、インターンに関しては倍率は分からないのですが、リクナビのプレエントリー候補リスト登録人数は13779名います。ただしこの数字はみずほフィナンシャルグループの5社合同募集をしている全体の数字なので、この13779名の中の何割がみずほフィナンシャルグループ目的でプレエントリーをしているのかは定かではありません。

この事からインターンも新卒採用も含めて倍率は不明です。ただし、東洋経済が発表している「入社が難しい有名企業ランキング」でみずほフィナンシャルグループは71位でした。

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン優遇と早期選考!倍率など解説

前後の企業を見てみると人気企業ばかりなので、みずほフィナンシャルグループへの就職の難易度が伺えます。

しかもみずほフィナンシャルグループの2021年の同ランキングでは92位で、2022年は80位。そして2023年は71位と、入社が難しいランキングがどんどん上がっていっているので、年々就職難易度が上がっているという事になります。

このみずほフィナンシャルグループへの就職の可能性を少しでも上げるために、就活エージェントなどの力を借りる事をおすすめします。

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン優遇と早期選考!倍率まとめ

みずほフィナンシャルグループのインターンシップの情報や優遇などは参考になりましたでしょうか。

みずほフィナンシャルグループ各社、就職は難しいので対策は怠らずに行いましょう。とくに本選考となると面接対策が重要になるので、面接対策は念入りに行いましょう。

面接対策は自分のESを元にオンラインで一人で本番さながらの面接練習ができる「就活共通テスト」です。

「就活共通テスト」は無料で行えるサービスなのに、志望業界や特定企業における合格判定まで出るので本当に役に立ちます。

【26卒】みずほフィナンシャルグループのインターン優遇と早期選考!倍率など解説

就活は一度失敗すると同じ企業にはエントリーできなくなる過酷なシステムです。だからこそ、失敗しないようにしっかりと本番さながらの対策をしないといけません。それが可能なのが「就活共通テスト」なのです。

就活共通テストをおすすめしたいこれだけの理由
  • 本番同様のプロセス

自分のESをもとにAI面接官が面接するので、まるで本選考のような体験を味わえます。周りに相談できる人がいなくても、24時間365日テストが可能です。面接官の質はリクルートの元常務取締役で面接歴約25年のメンバー監修によって担保されています。

  • 合格判定の精度

約300の観点で評価し、合格判定を算出します。過去5年分の企業難易度をもとに独自の難易度ロジックを構築しています。また、有名企業の内定者にテストを受験してもらい、日々ロジックはアップデートされています。

  • 細かなフィードバック

面接における強みや弱みが分かり、目線や表情、言葉遣いや話し方まで、個人では気づきにくい点を網羅的に指摘してもらうことが可能です。

\ 面接練習で合格判定が出る /

みずほフィナンシャルグループの企業情報

商号株式会社みずほフィナンシャルグループ (Mizuho Financial Group, Inc.)
上場(証券コード)東京証券取引所プライム市場(8411)
ニューヨーク証券取引所(MFG)
設立日2003年(平成15年)1月8日
所在地大手町本部(本社)
〒100–8176
東京都千代田区大手町1丁目5番5号(大手町タワー)
丸の内本部
〒100–8241
東京都千代田区丸の内1丁目3番3号(みずほ丸の内タワー)
資本金2兆2,567億円
代表者執行役社長木原 正裕(きはら まさひろ)
従業員数2,270人
(みずほフィナンシャルグループおよび連結子会社就業者数合計51,212人)
(2023年3月31日現在)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次