インターンシップの優遇あり企業一覧!内定直結の大手は26卒はない?

この記事ではインターンシップ2024/2025による本選考の優遇ルートがある企業を大手や中小企業など問わず一覧で紹介していきます。文系や理系なども問わず早期選考や、落ちる事がない内定直結などの優遇があるのか、24卒、25卒、26卒などの情報を元に解説していきます。2027卒も必見の内容です。

そもそもインターンシップを行っている企業自体はどの程度あるかというと、それは数千という企業がインターンシップを行っています。しかし、その中で優遇がある企業というのは、実は一握りしかありません

「Lognavi(ログナビ)」なら選考優遇オファーはもちろんの事、とくに今、7月はサマーインターンの優遇オファーがバンバンくる時期なので、今登録しておくのがおすすめです。Lognavi公式アプリ⇒https://lognavi.com/

「Lognavi(ログナビ)」は性格検査を受けておくだけで大手企業から優遇付きのオファーがくるのでやっておかないと損です。しかもワンタオップで優良企業に一括エントリーできるので締め切り漏れの心配もないので就活が効率的に進められます。

大手の優遇付きオファーは早い者順で埋まっていくので、アプリのインストールはできるだけお早目にしておいてください。

※「Lognavi(ログナビ)」はスマホアプリなので、スマホで見ないとインストールできません。

優遇付きオファーは早い者勝ち

詳しく知りたい場合はこちら

  • ガクチカや自己PRテンプレでインターン無双できる!

インターンの選考で定番のES(エントリーシート)のガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる!更に企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンも探す手間なく応募できる就活サービス「キャリアチケットスカウト」

\ 大手優遇は早い者勝ち /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、自己PR添削サービスを受ければインターン選考で無双できると噂です。更にプロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

それではインターンシップの優遇がある企業をジャンル別、メーカー別に紹介していきます。

目次

インターンシップの優遇あり企業一覧

今回ご紹介するインターンシップの優遇あり企業一覧は、ただただ企業名を並べるだけでなく、実際にどのような優遇があるのかについても記載していきますので、参考にしてください。

これまでのインターンシップの情報を元に作成する優遇内容などになりますので、毎年同じ優遇がある保証はできませんので、予めご了承ください。

食品メーカーのインターンシップの優遇あり企業一覧

食品メーカーのインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

優遇あり企業情報が分かり次第追記していきます。

伊藤園のインターンシップの優遇や早期選考について

伊藤園のインターンシップの優遇は一律で早期選考の案内と言われています。優秀者にだけ選考スキップがあるとか、そういった事はありません。

また、早期選考のフローはES、Webテスト(玉手箱、TAL)、面接、最終面接となります。

インターンシップの優遇で早期選考を受けているからと言って安心できず、油断したら落とされてしまうので対策は必ず行ってください。

ロッテのインターンシップの優遇や早期選考

ロッテのインターンシップによる優遇はイベント招待や個人面談などです。直接的に早期選考があるとか、本選考のフローをスキップできるとか、そういった優遇ではありませんが、イベントの参加や個人面談を行う事で確実に顔や名前を覚えてもらえるので、本選考で有利に働くのは間違いないです。

こういったイベントや個人面談をチャンスと考え、積極的に行える人こそ、内定に近づきます。だからこそインターンシップには確実に参加していきたいですよね。

日清食品のインターンシップ優遇で早期選考

インターンシップに参加した全員に案内があるかは分かりませんが、早期選考の案内があり、Webテストと一次面接をスキップ出来る事があります。

また、二次面接前に担当のメンターと面談ができて色々と話せるので、内定までの二次面接と最終面接突破のために不安に感じている事が相談できたりと、何かと優遇があります。

インターンシップ組での戦いなので、本選考と比べてかなり内定をもらえる可能性は高いので、倍率が高い事が予想される本選考に比べればかなり有利です。

サッポロビールのインターンの優遇や早期選考

サッポロビールは優遇や早期選考はありますが、これは優秀者のみに案内される優遇なので、参加者全員に案内があるわけではありません。

これはインターンシップに参加している時はもちろん、参加前のESやデザイン思考テストも影響が出てくるので、サッポロビールはインターンシップの選考の時点で内定まで意識した対策を行って間違いありません。

サッポロビールの早期選考のフロー
  • ES
  • Webテスト
  • リクルーター面談
  • 一次面接
  • リクルーター面談
  • 最終面接

このようなフローで進んでいけるので、積極的にリクルーターに相談をして早期選考での内定を勝ち取りましょう。

アサヒ飲料のインターンシップの優遇や早期選考

アサヒ飲料のインターンシップによる優遇は、参加者全員に早期選考の案内と、本選考のES免除です。これはライバルに大きな差を付けられるのでありがたい優遇ですね。

本選考の採用枠は、この早期選考で半分は埋まる事があるそうなので、アサヒ飲料の内定を狙うのであれば、インターンシップに参加するしか選択肢はありませんね。

江崎グリコのインターンシップの優遇や早期選考

江崎グリコのインターンシップは優遇があるというより、インターンシップに参加しなくてはそもそも本選考を受ける事ができません

これは全てではなく、マーケティング職のみインターンシップに参加すると本選考での優遇があるのですが、他の基礎研究と研究開発職に関してはインターンシップに参加しないと選考を受けられないので、森永グリコのインターンシップは必ず参加するようにしましょう。

カゴメのインターンの優遇や早期選考

カゴメは人気企業なので、本選考ではかなりの倍率が予想されますが、インターンシップに参加した優遇として、ESやWEBテストの免除などが行われています。

他にも優秀な学生には優遇があるかもしれないので、カゴメのインターンシップは参加して損はないです!

コンサルのインターンシップの優遇あり企業一覧

コンサルのインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

優遇あり企業情報が分かり次第追記していきます。

アクセンチュアのインターンの優遇や早期選考

アクセンチュアの優遇は、本選考が最終面接だけに短縮されるという嬉しい内容です。

しかし、インターンシップに参加した全ての人に優遇があるわけではなく、限られた優秀だと思われた就活生にのみ案内があるので、インターンシップに参加してからでなく、ESの作り込みからしっかり行い、ESの内容とインターシップでの動きの整合性が取れるように積極的に動いていきましょう

もしアクセンチュアで優遇がもらえなかったとしてもインターンシップに参加するだけで貴重な経験ができるので、積極的にインターンシップを楽しむようにしましょう。

アクセンチュアのインターンシップの優遇は最終面接までの選考スキップなので、内定直結というわけではありませんが、内定直結に近いくらいのメリットはあるので、頑張りましょう!

インフラのインターンシップの優遇あり企業一覧

インフラのインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

優遇あり企業情報が分かり次第追記していきます。

JALのインターンシップの優遇や早期選考

インターンシップの優遇あり企業一覧!内定直結の大手は26卒はない?

JALのインターンシップに参加する事で早期選考の優遇は、結論から言うと一部あります

  • 一部のみ早期選考(業務企画職、パイロット、総合職)
  • 全員早期選考(CA)

CAはインターンシップに参加できれば早期選考の案内が来て、特別面談からの早期選考開始です。

JALはこのように優遇がある分、ライバルも多くなる事が予想されるので、上記でもお伝えした通り万全な準備を行いましょう。

金融のインターンシップの優遇あり企業一覧

金融のインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

三菱UFJ信託銀行のインターンシップの優遇や早期選考

しかし、優遇があるのは5daysインターンシップのみなので注意してください。5daysの優遇は一次面接免除の早期選考に招待されます。更にOB・OG訪問の権利も得られるので、なかなか手厚い優遇となっています。

三菱UFJ信託銀行の5daysインターンシップの優遇は手厚いので、何としても参加したいところですよね。なのでESや適性検査、面接などの対策はしっかりと行わないといけません。

三菱UFJ銀行(MUFG)のインターンシップの優遇や早期選考

【26卒】三菱UFJ銀行(MUFG)冬インターン優遇で早期選考へ!内定直結になるか解説

法人営業のインターンに参加した学生はOne to Oneイベントの選考に優先して案内されるという優遇があります。

この三菱UFJ銀行(MUFG)のインターンの中で、早期選考に繋がるものもあります。それは冬に行われるインターンです。

早期選考に繋がる冬インターンの内容

三菱UFJ銀行(MUFG)の早期選考に繋がる冬インターンは、もちろん三菱UFJ銀行が独自で行うインターンもありますが、type就活会員限定で早期選考ルートに案内される3daysインターンシップの開催を行ったりしています。

このtype就活の特別プログラムにしても三菱UFJ銀行(MUFG)が主体的に行うインターンにしても早期選考が関わるインターンには適性検査が設けられていますので、適性検査の対策などもしっかりと行いましょう。

みずほ銀行のインターンシップの優遇や早期選考

みずほ銀行のインターンは7月から9月に行われるサマーインターンが多く、この夏のインターンに参加した学生の一部に秋に行われる早期選考の優遇もあるとされるreal bankerというインターンに案内されます

JCBインターンシップの優遇や早期選考

JCBの優遇は手厚いと言われていますが、この優遇を手に入れられるのはごく一部です。8人でグループワークを行い、その中から優秀者が社員面談に呼ばれるのですが、呼ばれるのは2名から4名程度です。つまり、内定直結という事はどんな優遇であっても、ありません。

インターンシップに参加して社員面談に呼ばれなかった場合、本選考で内定を取るのも難しいと言われているので、とにかく集中してインターンシップに臨みましょう。そのためにも対策が必須です。

日本生命のインターンシップの優遇や早期選考

日本生命保険のインターンシップによる優遇は模擬面談の案内や本選考での優遇、社員座談会やリクルーター面談など色々とあります。

先輩社員との時間を過ごしたり、本選考での優遇など、インターンシップに参加するメリットは大きいです。

大和証券インターンシップの優遇や早期選考

大和証券のインターンシップは優遇自体はありますが、インターンシップの参加者全員に優遇があるわけではなく、優秀な学生にのみグループ面接が免除になるなどの優遇があります。

早期選考の案内などはありませんが、それでも優遇があるだけ嬉しいですよね。大和証券は人気の証券会社ですし、インターンシップの優遇を獲得できる確率があるだけやり甲斐があると思います。

東京海上日動インターンシップ優遇や早期選考

東京海上日動火災保険のインターンシップに参加すると、その後に参加者限定のフォローアップイベントに招待されるので、このイベントに参加しましょう。インターンシップとフォローアップイベントでの評価が高いと、その後早期選考の案内があります

優秀者にはリクルーターがつき、早期選考ではリクルーター面談、ES提出、人事面談、計算テスト、小論文、最終面接で内定となります。リクルーター面談は選考の一つなので気を抜かないようにしましょう。人事面談では志望動機や、他社の選考状況などが聞かれるので、志望度の高さをアピールするようにしましょう。

最終面接で内々定が出るので、実質小論文までが勝負というところですが、最終面接も気を抜かずに挑みましょう。この早期選考に落ちてしまうと本選考を受ける事ができないので注意しましょう。

SMBC日興証券のインターンの優遇や早期選考で内定直結?

SMBC日興証券のインターンシップの参加者には、参加者限定のイベントや部署見学、プレミアムインターンなど様々な優遇が用意されています。実際にSMBC日興証券の内定者はインターンシップ参加者が多いので、優遇を活かして本選考に臨みましょう。

ただ、SMBC日興証券の優遇で内定直結という事はないので、ご注意ください。しかし、内定を獲得するためにかなり有利になる優遇なので、この優遇をうまく活用するようにしましょう。

三井住友信託銀行のインターンの優遇や早期選考!

三井住友信託銀行の夏のインターンシップに参加すると、プレミアムインターンに招待されます。このプレミアムインターンは夏のインターンよりもワンランク上のインターンシップで、周りの学生もレベルが高いです。そしてプレミアムインターンから早期選考に参加すると、ほぼ内定がもらえるという噂があります。

また、冬のインターンシップも早期選考の案内があるので、優遇としては申し分ないです。つまり三井住友信託銀行のインターンシップの優遇はかなり内定に近づくので、インターンシップの参加は外せないですね。

第一生命のインターンシップの優遇や早期選考

第一生命保険のインターンシップによる優遇は限定イベントの参加や、早期選考の案内などがあります。何かと社員と関わる機会が多いので、生の声が聞けるのも魅力です。ただし、1dayには優遇はないので予め気を付けましょう。

第一生命保険のインターンシップの優遇は、かなり内定に近づくので、選考で落とされないようにしっかりと対策を行いましょう。

ソニー生命のインターンシップの優遇や早期選考!

ソニー生命保険のインターンシップによる優遇は早期選考への招待です。他にもインターンシップ参加者限定の座談会の招待や、優秀な学生は人事と面談なども行えます。この優遇はどうしても得たいところですね。

ただ、ソニー生命保険のインターンシップには順番が決まっており、必ず最初に「The Beginning seminar ~Sony Life’s Value ?~」に参加しなくては、他のインターンシップに参加する事はできません。ですのでソニー生命保険の優遇を得たい場合は必ず最初に「The Beginning seminar ~Sony Life’s Value ?~」に参加し、サマーインターンか秋インターンに参加するようにしましょう。

三井住友銀行のインターンシップの優遇や早期選考!

三井住友銀行のインターンシップによる優遇は、インターンシップ参加者限定のインターンシップの招待や、早期選考に案内されたりします。また、三井住友銀行は希望する職種によってはインターンシップに参加しないと本選考を受ける事ができないコースもあるので注意が必要です。

つまり三井住友銀行の内定を得るためにはインターンシップに参加する事が非常に重要なので、インターンシップの選考で落とされないようにしましょう。

商社のインターンシップの優遇あり企業一覧

商社のインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

優遇あり企業情報が分かり次第追記していきます。

伊藤忠エネクス(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

優遇があると言っても早期選考のESとWEBテストの免除なので、そこまででもないと思われるかもしれませんが、ESやWEBテストで落とされてしまう学生も多いので、十分な優遇だと言えます。

岩谷産業(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

岩谷産業のインターンシップで優秀な人材と評価されると、早期選考の案内があります。「優秀な人材」というのは能力や、一緒に働きたいなどと思われる事です。

岩谷産業の早期選考の優遇はGD選考と一次面接が免除され、その後の面接2回で内定となるので、インターンでリーダーシップを発揮したりするなど、アピールして損はありません。

豊田通商(総合商社)のインターンシップの優遇と早期選考

インターンシップ参加者の一部については、2026年度新卒採用の本選考に応募される場合、本選考の一部を免除し、特別選考ルートを案内してもらえます。

詳細は、インターンシップ全日程終了後に別途連絡がくるので、インターン参加時にしっかりアピールをしておきましょう。リーダーシップを取り、優秀な人材だと評価されれば、優遇を受けられる可能性があります。

住友商事(総合商社)のインターンシップの優遇と早期選考

インターンシップ参加者のうち、2026年度新卒採用選考(以下、本選考)に応募される方には、本選考の一部を免除のうえ、別途選考の案内があります。

詳細は、インターンシップ全プログラム終了後に参加者に連絡がきます。この住友商事の優遇は、インターンシップの募集要項に記載されている文言ですと、参加者のうちに本選考に応募される学生全てに本選考の一部免除があるように読めるので、何としてもインターンに参加したいところですね。

兼松(総合商社)のインターンシップの優遇と早期選考

インターンシップ参加者に、参加者限定のインターンの案内がきます。そして座談会や社員訪問の案内などの後に早期選考の案内がきます。更に人事の方からフォローがあり実質二回の面接で内定をもらえます。

兼松のインターンシップも優遇がしっかりと用意されているので、5日間のインターンシップなど、二次面接まで用意されていますが、何とか落とされないように対策をしましょう。

岡谷鋼機(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

毎年あるかどうかは分かりませんが、3日間以上のインターンを行うと、早期選考の優遇がある可能性があります。選考で必要なフローを多少スキップできる優遇が報告されています。

三井物産(総合商社)のインターンシップの優遇と早期選考

三井物産のインターンシップは優遇があるというか、そもそもインターンシップが早期選考の一次選考の役割を持っています。

つまり、インターンシップで優遇をもらえれば、簡素なステップで内定をもらうまで進めます。三井物産のインターンはチームで優遇をもらえるかどうかなので、チーム単位で頑張らなければいけません。

TOKYO BASE(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

インターンシップ参加者に後日懇親会の案内があり、本選考の一次面接と二次面接が免除されるそうです。

しかしこれは少し情報が古いので、毎年このように本選考で免除があるかどうかは分かりませんが、可能性はあります。

日鉄物産(総合商社)のインターンシップの優遇と早期選考

日鉄物産のインターンシップに参加すると、早期選考の案内がもらえます。5日間のインターンシップに落ちてしまったとしても1日間のインターンシップなどの案内がきたり、そのインターンでも参加すれば早期選考の案内がくるという事がこれまでにありました。

三菱マテリアルトレーディング(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

正確には三菱マテリアルトレーディングのインターンシップによる何らかの優遇があると思う・・・というところです。具体的にどのような優遇があるかは分かりませんが、過去のインターン参加者が何らかの優遇があった・・・という声があります。

JFE商事(専門商社)のインターンシップの優遇と早期選考

JFE商事の優遇は、インターンシップに参加すれば全員早期選考に招待されます。そして二回の面接で内定がもらえるという早期内定コースになります。

OB訪問も斡旋してくれるので、JFE商事の優遇を考えるとインターンシップに参加して損はありません。

デベロッパー・不動産のインターンシップの優遇あり企業一覧

デベロッパー・不動産のインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

優遇あり企業情報が分かり次第追記していきます。

三井不動産のインターンの優遇や早期選考について

三井不動産のインターンシップは冬のインターンシップの優遇が手厚く、フィードバックなどはもちろんの事、優秀者には本選考の二次からのスタートだったり、最終面接のみになる事もあります。

だからこそ、インターンシップに参加して、優遇を手に入れれば内定にかなり近づけます。そのためにESや適性検査など、対策が必要です。

三菱地所のインターンシップの優遇や早期選考

三菱地所のインターンシップによる優遇や早期選考ですが、結論から言うとあるとは言い難いですが、一応掲載しておきます。

あるとは言い難いという濁した言い方にしたのは、その年によって優遇があったり無かったりするのと、ごくごく限られた一部の優秀な学生のみ本選考の一次選考であるグループディスカッションが免除になる可能性がある・・・というくらいだからです。

それでも三菱地所のインターンシップは狭き門なので、参加できるだけでも自信に繋がりますし、社員さんと接する機会も多いので、何らかの形で優遇を得られるチャンスもあると思います。

東急不動産のインターンシップの優遇や早期選考

東急不動産のインターンシップによる優遇では、早期選考の案内をもらう事ができます。早期選考の倍率は非常に低いため、内定獲得の大チャンスです!しかし、優遇がインターンシップは冬開催のプログラムのみの可能性があるので、予めご了承ください。

しかし、東急不動産のインターンシップ優遇である早期選考はかなりのメリットになるので、インターンシップに参加できるように対策を怠らないようにしましょう。

住友不動産のインターンシップの優遇や早期選考

住友不動産のインターンシップの優遇は早期選考です。しかし、全員がこの優遇を受けられるわけではなく、優秀者のみの優遇なので、頑張って早期選考の案内をもらえるようにしましょう。

優秀な人材と判断されるのはワークのプレゼンにおける論理性が大切という見方もあるようなので、インターンシップに参加できたからと言って気を抜かずに取り組みましょう。

早期選考のフローはベテラン社員との座談会、ES・webテスト、人事部長とのキャリア相談会、最終面接という流れです。本選考に比べると早期選考はキャリア相談会などもあり、手厚さを感じますね。

野村不動産のインターンシップの優遇や早期選考

野村不動産のインターンシップによる優遇は、選考の免除やリクルーターが付いたり、早期選考の案内がくるなどがあります。

上記の優遇はインターンシップに参加した人に一律で付与されるものではなく、インターンシップの結果により就活生それぞれに付与される優遇です。

つまり、人によっては優遇がもらえない場合もあるので、インターンシップに参加できたからと言って気を抜くと、優遇がもらえず、本選考のESで一発で落とされる可能性もあるので、優秀者と判断されるようにしっかりとインターンシップでアピールしましょう。

野村不動産ソリューションズのインターン優遇や早期選考

野村不動産ソリューションズのインターンシップは特別なインターンシップの案内や、早期選考の案内などがもらえるので、インターンシップに積極的に参加して損はありません。

しかし、インターンシップの優遇があるのは「現場で社員に会える〜社風がよくわかるインターンシップ」のみの可能性が高いので、ESと録画面接の選考がある「現場で社員に会える〜社風がよくわかるインターンシップ」に何とか参加できるように対策を行いましょう。

メーカーのインターンシップの優遇あり企業一覧

メーカーのインターンシップで優遇がある企業は以下になります。

パナソニックのインターンシップ優遇や早期選考

パナソニックのインターンシップで得られる優遇はインターン後の面談や本選考前のES添削や面接練習。そして推薦があれば一次選考が免除され、早期選考の案内がある事もあります。

インターンシップで優秀であっても内定直結になるような事はありません。本選考の最終面接のみになるという事もありません。

本選考はライバルも多いので、インターンシップで少しでも優遇を手に入れられる事はアドバンテージになるはずです。

キーエンスのインターンシップ優遇や早期選考

インターンシップの優遇あり企業一覧!内定直結の大手は26卒はない?

キーエンスのインターンシップによる早期選考や優遇は、結論から言うとあります

キーエンスはインターンシップに参加できれば早期選考がもらえ、ES(エントリーシート)が免除になる他、S職に関しては最終面接から始める事ができるという嬉しい優遇です。また、エンジニア職も二次面接から始める事ができます。

しかし、この優遇はインターンシップに参加した全ての人が対象となる優遇なので、油断はできません。

ソニー(SONY)インターンシップの優遇や早期選考

ソニー(SONY)インターンシップによる優遇や早期選考は、結論から言うと一部あるようです。

しかし、早期選考の案内がある場合があるという噂もありますが、ソニーはグループ会社でいくつも会社があるので、正直定かではありません。

ただ、インターンシップの内容が濃密なので、その経験を活かせば本選考で有利になる事は間違いないので、インターンシップに参加するメリットはそれだけでも大きいと思います。

アイリスオーヤマのインターンシップの優遇や早期選考

アイリスオーヤマのインターンシップに参加すると、座談会やプレミアムインターン、早期選考などの案かいがきます。

そして場合によっては早期選考の選考フローが一部免除になる可能性もあります。

早期選考の選考フロー
  • ES(エントリーシート)
  • グループディスカッション
  • 一次面接
  • Webテスト
  • 最終面接

このような選考フローなのですが、ESとGDが免除される可能性があるので、とにかくインターンシップの時にプログラムを楽しみながら積極的にアプローチしていきましょう。

資生堂のインターンシップの優遇や早期選考

資生堂のインターンシップは優遇があるとか、そういうレベルではなく採用直結型のインターンシップなので、インターンシップに参加しないと内定を得る事はできません

ですので資生堂の内定が欲しい場合はインターンシップに参加する必要があります。サマーインターンとウインターインターンが行われる予定があれど、サマーインターンで採用枠が埋まってしまうと、ウインターインターンが中止になる事もあるので、インターンシップの募集には早くエントリーする必要があります

花王のインターンシップ優遇や早期選考

花王のインターンシップに参加すると、参加者限定の説明会に招待され、そこで本選考に関する情報を教えてもらう事ができます

花王のインターンシップに優遇に早期選考や内定直結という事はないのですが、本選考を有利に運べる可能性が高いので、説明会で教えてもらえる情報を有意義に使用していきましょう!

キヤノンのインターンの優遇や早期選考

キヤノン(キャノン)の優遇には色々あり、一次選考の免除やイベント招待、早期選考の案内や、OB訪問の案内などがその時々で行われます。

このようにキヤノン(キャノン)には様々な優遇がありますが、早期選考であっても倍率は高めになるので、早期選考の優遇を得たからと言って油断しないようにしましょう。

富士電機のインターンシップの優遇や早期選考

富士電機のインターンシップに参加した一部の優秀な就活生に早期選考の案内があります。早期選考のフローは面接2回くらいで内定がもらえるので、かなり有利です。

しかし、この優遇や技術職のみで、事務職系は優遇がもらえない可能性が高いので、予め把握しておきましょう。しかし事務系に関しては事務系のあらゆる部門を体験する事ができるので、企業理解が深まるので、そういった事を活かして本選考に臨みましょう。

村田製作所のインターンシップの優遇や早期選考

村田製作所のインターンシップの優遇はすごくて、インターンシップの参加者は本選考の最終面接からスタートとなります。つまり、本選考から受けるライバルと大きな差をつける事が可能なのです。

また、最終面接でもインターンシップに参加した時の話ができるため、非常に有利に進める事が可能です。また、インターンシップの参加者限定の座談会や本社見学会などの案内もあるので、かなりの優遇なので、内定直結と言ってしまっても過言ではありません

日産自動車インターンシップの優遇や早期選考

日産自動車のインターンシップに参加するとリクルーターがつき、二次面接からのスタートになる優遇です。

しかし日産自動車のインターンシップには一部TOEICの条件があったりなど厳しいので、対策が必要です。とくにESと適性検査はしっかり行わないとインターンシップに参加する事すらできません。

京セラのインターンシップの優遇や早期選考

京セラの現場実習型のインターンシップに参加すると、後日セミナーに招待されます。このセミナーに参加すると、本選考の優遇があります

京セラの優遇は早期選考というわけではありませんが、本選考の優遇があるのはメリットが大きいですよね。そのため、インターンシップに参加するためにもESや適性検査、面接で落とされないように対策する事が必要です。

トヨタ自動車インターンシップの優遇や早期選考

トヨタ自動車はインターンシップに参加すれば必ず優遇があるわけではなく、基本的に“選考あり”のインターンシップに参加し、優秀者のみ本選考の選考スキップや、リクルーターがついての早期選考の案内があります。

ただし、早期選考でも人事・リクルーター面談を4回と最終面接のフローになるので、内定直結という事はありません。トヨタ自動車は基本的にハイレベルな争いになる事が予想されるので、先ずはインターンシップに参加する選考を勝ち抜かなくてはいけません。

今回紹介しているインターンシップ一覧には、実際のインターンシップと、下から2つはイベントになります。このイベントに優遇はないのでご注意ください。また、今回は記載していませんが、トヨタ自動車には他にも1dayのwebワークショップがありますが、こちらも優遇はありません。

クボタグループのインターンシップの優遇や早期選考

クボタグループのインターンシップの優遇や早期選考ですが、結論から言うとあります

ただしグループ全体で企業の数も多いので、全てというわけではありませんが、インターンシップに参加する事で面談に案内されたり、リクルーターになってくれたりと、本選考で内定に近づく優遇があるようです。

いきなり本選考の最終面接からになるとか、そこまでの優遇はありませんが、内定に一歩近づく可能性は高いです。

日立製作所のインターンシップの優遇や早期選考

インターンシップの優遇あり企業一覧!内定直結の大手は26卒はない?

日立製作所のインターンシップの優遇は早期選考の案内があるのと、個別面談の案内、そしてリクルーター制度などがあります。インターンシップの参加者限定セミナーもあるので、企業と近づけるチャンスは非常に多いです。

1日間のみのイノジェーションワークショップやセミナー、座談会などでは限定セミナーの正体はない可能性がありますので、予めご了承くださいませ。

日立製作所くらいの人気企業ですし、早期選考の案内があるのは嬉しいですよね。この選考で確実に内定に近づくためにも、インターンシップに落ちないためにES、適性検査、面接の対策をしっかり行いましょう。

インターンシップで内定直結の大手は26卒にはない?

インターンシップで内定直結になる大手企業は、結論から言うと、ありません。しかし、内定直結に限りなく近い企業ならあります。

内定直結に近い企業
  • 資生堂
  • アクセンチュア
  • 村田製作所

インターンシップに参加する事で100%内定直結になるという事はないので、限りなく内定直結に近くても、最終面接などのフローがあるので、油断しないようにしましょう!

「Lognavi(ログナビ)」なら選考優遇オファーはもちろんの事、とくに今、7月はサマーインターンの優遇オファーがバンバンくる時期なので、今登録しておくのがおすすめです。Lognavi公式アプリ⇒https://lognavi.com/

「Lognavi(ログナビ)」は性格検査を受けておくだけで大手企業から優遇付きのオファーがくるのでやっておかないと損です。しかもワンタオップで優良企業に一括エントリーできるので締め切り漏れの心配もないので就活が効率的に進められます。

大手の優遇付きオファーは早い者順で埋まっていくので、アプリのインストールはできるだけお早目にしておいてください。

※「Lognavi(ログナビ)」はスマホアプリなので、スマホで見ないとインストールできません。

優遇付きオファーは早い者勝ち

詳しく知りたい場合はこちら

  • ガクチカや自己PRテンプレでインターン無双できる!

インターンの選考で定番のES(エントリーシート)のガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる!更に企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンも探す手間なく応募できる就活サービス「キャリアチケットスカウト」

\ 大手優遇は早い者勝ち /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、自己PR添削サービスを受ければインターン選考で無双できると噂です。更にプロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

インターンシップの優遇あり企業一覧!内定直結の大手は26卒はない?まとめ

インターンシップの優遇あり企業一覧は参考になりましたでしょうか。優遇に関してはその年によって異なる場合も多いので、最新の状態が分かり次第更新していきますので、是非この記事をお気に入り登録しておいてください

採用担当

それでは内定に向けてインターンシップに積極的に取り組んでいってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次