【26卒】NTTデータのインターン2024-2025優遇や早期選考で内定直結?倍率や難易度など解説

この記事では2026卒向けに株式会社NTTデータのインターンシップ2024/2025の夏や冬の優遇や早期選考、内定直結になるか、そして倍率や難易度などについて解説していきます。

NTTデータグループは日本最大のITサービス企業で、世界6位のシェアを持っています。国内外300社を超える傘下企業を持つ世界有数のIT企業で、国内事業を行っているのが、今回ご紹介するNTTデータです。

インターンシップによる優遇

結論から言うとNTTデータにインターンシップの優遇はあります。優遇の内容は後程紹介しますので是非最後まで読んでください。

また、NTTデータを含む大手IT業界は「Lognavi(ログナビ)」から選考優遇オファーがくる事で有名です。

「Lognavi(ログナビ)」なら選考優遇オファーはもちろんの事、とくに今、7月はオファーがバンバンくる時期なので、今登録しておくのがおすすめです。Lognavi公式アプリ⇒https://lognavi.com/

「Lognavi(ログナビ)」は性格検査を受けておくだけで大手企業から優遇付きのオファーがくるのでやっておかないと損です。しかもワンタオップで優良企業に一括エントリーできるので締め切り漏れの心配もないので就活が効率的に進められます。

大手の優遇付きオファーは早い者順で埋まっていくので、アプリのインストールはできるだけお早目にしておいてください。

※「Lognavi(ログナビ)」はスマホアプリなので、スマホで見ないとインストールできません。

優遇付きオファーは早い者勝ち

詳しく知りたい場合はこちら

  • ガクチカや自己PRテンプレでインターン無双できる!

インターンの選考で定番のES(エントリーシート)のガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる!更に企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンも探す手間なく応募できる就活サービス「キャリアチケットスカウト」

\ 大手優遇は早い者勝ち /

  • ベネッセ独自の適性検査で99%の確率で企業からのオファーが届く!

登録してベネッセ独自の適性検査を行い、自己PR添削サービスを受ければインターン選考で無双できると噂です。更にプロフィールを80%以上記載すれば99%の確率で大手企業からもオファーが届く完全無料逆求人型の就活サービスdodaキャンパス

\ 大手からのオファーは早い者勝ち! /

\ PCの場合はこちら /

それではNTTデータについて紹介します。

目次

【26卒】NTTデータのインターンシップ2024-2025夏冬の内容

先ずはNTTデータのインターンシップの内容や選考フローから紹介します。

スクロールできます
NTTデータのインターンシップの種類実施期間人数選考方法詳細URL
ワークショップ型7月~9月の5日間約500名・エントリーシート
・Webテスト(2種類)
・写真提出
・オンライングループディスカッション
詳細を見る
プロジェクト型7月29日(月)~11月1日(金)
のうち5日間~1ヶ月程度
約350名・エントリーシート
・Webテスト(2種類)
・写真提出
・面接動画アップロード
詳細を見る
『なぜ変えようとしない?』を考える5days仕事体験コース7月29日~8月2日
8月19日~23日
8月26日~30日
9月2日~6日
30 ~ 50人未満・エントリーシート提出
・適性検査
・グループディスカッション
詳細を見る
  • 他の知りたい企業情報があるなら!

様々な企業のインターンシップや優遇・早期選考、倍率などの情報はこちらからチェックしてください。企業ランキングなどもあり!

\ 気になる企業情報はココ /

NTTデータはインターンシップに関する動画を公開しています。

ワークショップ型の内容

ワークショップ型は、チームを組んで新規システム提案のグループワークを実施していきます。

実施内容
  • システム提案の疑似体験ができる!
  • 文理混合でグループワークを経験できる!
  • 社員からアドバイス・フィードバックをもらいながら作業できる!
  •  ITを知らなくてもOK!

プロジェクト型の内容

プロジェクト型は、実際に現場のプロジェクトに配属され、プロジェクトの業務を体験していきます。

実施内容
  • 実際の職場に出勤できる!
  • 営業、SE、R&Dなど多様な業務内容からプロジェクトを選ぶことができる!
  • より深くSI業界の現場を知ることができる!

『なぜ変えようとしない?』を考える5days仕事体験コースの内容

『なぜ変えようとしない?』を考える5days仕事体験コースは、グループワーク形式で、新規事業の検討や、開発コストのシュミレーションワークです。

実施概要

NTTデータ関西のシステムエンジニアが普段どんな仕事をしているのか、現場社員との座談会やグループワークを通して体験いただける内容となっております。
新規事業の企画提案や、当社が所有する自治体様向けソリューション「e-tumo」を実際に触っていただくブラッシュアップワークなどを通して、SEやPM(プロジェクトマネージャー)、コンサルティング営業などシステム開発の一連を体験いただけます。
チームごとにディスカッション内容をプレゼンしていただき、当社の社員からフィードバックも行います。

【26卒】NTTデータのインターンシップの優遇や早期選考で内定直結?

NTTデータのインターンシップによる優遇や早期選考ですが、結論から言うとあります

NTTデータのインターンシップの優遇は早期選考などで、夏のインターンシップに参加すれば年内に内々定がもらえる事もあるくらいの内定に近いので、内定直結と言っても過言ではないかもしれません。

ただし、誰もが同じような優遇をもらえるわけではなく、優秀だと判断された学生ほど優遇が強く反映されます。ワークショップとプロジェクトの両方のインターンシップに参加すると、より早期選考を受けれる可能性が上がるそうなので、インターンシップには必ず参加した方が良いです。

また、NTTデータを含む大手IT業界は「Lognavi(ログナビ)」から選考優遇オファーがくる事で有名なので、登録しておいて損はありませんよ。Lognavi公式アプリ⇒https://lognavi.com/

ワンタップで一括エントリー

それではここからは、NTTデータのインターンシップの選考を勝ち抜くための方法を紹介していきます。

NTTデータのESの設問攻略

NTTデータのES(エントリーシート)で出される設問は以下になります。

  • チームでの経験であなたの役割と及ぼした影響
  • 志望動機
  • プロジェクト型は、プロジェクトの志望理由

NTTデータの設問はオーソドックスな内容が多いですが、論理性が求められるので、PREP法を用いて記載する事をおすすめします。

PREP法とは
  • Point 結論
  • Reason 理由
  • Example 具体例
  • Point まとめ

ES(エントリーシート)も油断すると簡単に落とされてしまうので、ES作りが苦手な場合は、ESのガクチカや自己PRをテンプレ機能で簡単に伝わりやすい文章が作れる「キャリアチケットスカウト」に登録して対策をしてみるのもおすすめです。

更に「キャリアチケットスカウト」は企業から個別面談や選考スキップなどの優遇付きオファーをもらえたり、インターンシップも探す手間なく応募できるので、インターンシップの応募を更に考えている場合は使ってみると便利ですよ。「キャリアチケットスカウト」公式ページはこちら⇒https://media.careerticket.jp/

\ 大手優遇は早い者勝ち /

また、実際に選考を通過したESや、リアルタイムの選考状況、先輩方のインターンの体験談などは「就活会議」というサイトに掲載されています。選考を通過したESや体験記が208,254枚もあるので参考になりますし、選考を通過するESの書き方も検証できるので、見て損はないですよ。「就活会議」公式ページはこちら⇒https://syukatsu-kaigi.jp/

大手企業社員の口コミもあるので、入社後の社内の雰囲気なども分かるから調べてみてください。

\ 成功体験など勉強になります /

NTTデータのwebテストはSPIとTAL

NTTデータのwebテストはSPIとTALの性格検査なのでしっかり対策を行わないと、ESを作り込んでも落とされてしまいます。

実は裏技としてNTTデータのSPIとTALは「Lognavi(ログナビ)」で模試が行えて偏差値も出るので、「Lognavi(ログナビ)」で適性検査対策を行う事をおすすめします。

「Lognavi(ログナビ)」に出てくる問題は本番さながらだと評判なので、アプリをインストールして損はないです。

SPIとTALの偏差値がすぐにわかる

【26卒】NTTデータのインターン2024-2025優遇や早期選考で内定直結?倍率や難易度など解説

※「Lognavi(ログナビ)」について更に詳しく知りたい場合はこちらを参考にしてください。⇒Lognavi(ログナビ)webテストの評判は?怪しい知的テストを受ける前にログナビを試すべきこれだけの理由

更に適性検査は以下の逆求人型の就活サービスで全て無料で行えますので、MBTI診断などを行った学生も、今一度色々な適性検査で自分の性格や向いている資質の統計を取りましょう。

スクロールできます
サイト名
企業数・規模参加8500社参加600社参加6500社参加17000社
逆オファー率99%99.6%3種類93.6%
適性検査OKOKOKOK
費用無料無料無料無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る
適性検査可能な逆求人型の就活サービス

また、LognaviのSPIは一度しか受ける事が出来ないので、練習という点では弱いです。そこでSPIを何回も無料で練習できるサービスがあります。それが「キミスカ」です。

「キミスカ」を利用するとSPIを1日5分や、試験のようにタイマーを使って練習をする事が可能なので、SPIが出来る就活サービスの中では一番精度が高く、おすすめです。「キミスカ」公式ページ⇒https://kimisuka.com/

\ 無料でSPI対策が何度も出来る /

【26卒】NTTデータのインターンシップや本選考の倍率や難易度

NTTデータのインターンシップの倍率や難易度ですが、ワークショップが500名でプロジェクトが350名と募集人数は多いです。この人数にリクナビのプレエントリー候補リスト登録人数の16426名で倍率を出すと、倍率は約47倍です。

また、本選考の募集も301名からなので、倍率は殆ど変わりません。なのでインターンシップの優遇を受けて早期選考などで早く内定を取っておく事をおすすめします。早期選考組がいると本選考の採用人数も減るので、あとから本選考に臨むのは多少なりとも不利と言えます。

これらの事から、やはりどうしてもインターンシップに参加して優遇を得れるように注力した方が良いです。本選考のみだと難易度も上がってしまうので、インターンシップで優遇を得られるように対策を行いましょう。

完全無料サポート一覧
  • エンジニアとして企業に推薦優遇あり!面接ポイントやフィードバックが貰える

エンジニア向けのインターンや就活のバックアップ体制が凄く、大手WEB系企業にアドバイザーが推薦文という形で企業へ伝えてくれる優遇付きの完全無料就活サービス「キャリアセレクト」推薦状付きで選考を受けられるので確度はかなり高いです!

\ 公開中求人もチェック可能! /

  • エンジニア向けインターンや就活ならココ!

ITエンジニアに特化した就活エージェントで、大手WEB企業から急成長を遂げているベンチャー企業まで、5000社以上の企業データを保有しており、登録から内定まで完全無料で行える「レバテックルーキー

\ 大手SEは早い者勝ち /

【26卒】NTTデータのインターン優遇や早期選考で内定直結?倍率まとめ

NTTデータのインターンシップの内容や優遇などは参考になりましたでしょうか。

昨今は内定を早め早めに出す企業が増えており、NTTデータもそのうちの一社と言えます。早くに内定を得る事ができれば、安心して他の企業の就活にも臨めるので、NTTデータのインターンシップに参加するのはおすすめです。

それでは志望する企業の内定を勝ち取れるように対策を行っていきましょう!

NTTデータの企業情報

会社名株式会社NTTデータ
NTT DATA Japan Corporation
本社所在地〒135-6033 東京都江東区豊洲3-3-3 豊洲センタービル
電話:03-5546-8202(代表)
設立年月日2022年(令和4年)11月1日
代表者代表取締役社長 佐々木 裕
資本金1,000百万円(2023年11月1日現在)
適格請求書発行
事業者登録番号
T6010601062093
決算日3月31日
事業目的当会社は、次の事業を営むことを目的とする。
・電気通信事業
・情報処理、情報通信に関する機器及びソフトウェアの開発、販売、構築、賃貸、保守
・情報処理、情報通信に関するシステムの開発、販売、構築、運用、賃貸、保守、監視及び管理
・情報処理、情報通信に関するシステムに係る建設工事並びにその他の建築工事及び設備工事における設計・工事監理・請負
・経営、事業及び前各号に係るコンサルティング業務
・経営、事業及び前各号に係る企画、調査、研究、開発、技術支援、各種業務プロセスに関する支援、研修等の業務
・著作権、著作隣接権、工業所有権、ノウハウその他の知的財産権の取得、利用方法の開発、使用許諾、管理及び譲渡並びにこれらの仲介
・不動産の賃貸、仲介、保有及び管理
・労働者派遣事業
・その他商業全般
・その他前各号に関連する一切の業務
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次